談話

パキスタンにおけるテロ事件について(外務報道官談話)

平成25年7月28日

  1.  7月26日(現地時間同日),パキスタン北西部の連邦直轄部族地域(FATA)のパラチナル(アフガニスタンとの国境付近)において発生したテロによって多くの死傷者が生じたことに,強い衝撃と悲しみを覚えます。我が国は,亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに,御遺族に対し哀悼の意を表します。また,負傷者の方々に心からお見舞いを申し上げます。

  2.  このようなテロ行為は,無辜の人々を狙う許しがたい行為であり,我が国は,これを断固として非難します。我が国は,あらゆる形態・目的のテロを非難し,いかなるテロ行為も正当化し得ないことをあらためて強調します。

  3.  我が国は,国際社会と協力しつつ,テロに立ち向かうパキスタン政府の努力を支援していく考えです。

(参考)
 26日夜(現地時間),パキスタン北西部の連邦直轄部族地域(FATA)のパラチナルの市場で2度の爆発があり,50名以上が死亡,150名以上が負傷した模様。爆発現場の近くには国内少数派のイスラム教シーア派のモスクがあり,「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」の一派が,シーア派を狙った旨の犯行声明を発出した。


関連リンク

このページのトップへ戻る
談話へ戻る