寄稿・インタビュー

ドゥニョ通信(ウズベキスタン)への河野外務大臣寄稿

(2019年5月17日付)

「河野日本国外務大臣:中央アジアと日本の協力の未来」

令和元年7月1日

 今回,外務大臣に就任して初めて,中央アジアの地を踏むことができ,大変嬉しく思います。私は明日,ドゥシャンベでの「中央アジア+日本」対話の第7回外相会合に出席し,ウズベキスタンのカミーロフ外相やその他の同僚と中央アジアと日本の協力の未来について語り合うことを楽しみにしています。

 日本は中央アジア各国と,その独立のときから連綿と「協力の物語」を紡いできました。2015年には歴史的な安倍晋三総理の5か国訪問が行われました。2017年には,外交関係樹立25周年という一つの節目を迎えました。昨年,日本とウズベキスタンの間では,政府要人の往来に加え,議員交流,日本の企業ミッションのウズベキスタン訪問,第14回日本ウズベキスタン経済合同会議の開催など,両国の戦略的パートナーシップの更なる深化と拡大に資する様々な交流が進展しています。

 このような関係が一層深まる中,私は,明日の会議で,この地域に対する日本の外交政策が,中央アジアの「開かれ,安定し,自立的な発展」を支え,地域協力の触媒として各国と手を携えていくことである点を,改めて強調したいと思っています。

 日本は,海への出口を持たない中央アジアの世界に開かれた発展のため,連結性の向上を支援します。日本の古都奈良には,8世紀に中央アジアからもたらされた楽器,衣服,刀剣,食器などが往時のままに保管されている宝物庫があります。当時この「シルクロード」を行き来した文化,知識について触れずに,日本の歴史を語ることはできません。私たちは,21世紀のこの地域が,西はカスピ海とコーカサス地域を経て欧州につながり,東はアジア,南はインド洋に連結する,ユーラシアの新しい回廊となり,発展することを望んでいます。

 そして,そのような回廊を支える地域のインフラは,国の財政の持続性や自立性に基づき建設されなければならず,誰もが公正に,平和裡に使えるものでなければなりません。開放性,透明性,経済性及び対象国の財政健全性といった国際スタンダードに則った質の高いインフラづくりを進めるために,手を携えていきたいと思います。インフラを運用・管理する人材も重要です。「中央アジア+日本」対話の下でのイニシアティブは,このような人材の育成に主眼を置いたプロジェクトを含みます。

 一方,今日,地域の最大の脅威の一つは,テロや暴力的過激主義です。先日スリランカでも大規模なテロが発生し,多数の死傷者がでました。我々は,あらゆる形態のテロを強く非難します。アフガニスタンと長い国境を接する中央アジアの安定と安全は,国際社会全体の平和と安定にとっても不可欠です。日本は,中央アジア各国と,国境管理をはじめとする麻薬密輸・テロ・暴力的過激主義対策や,アフガニスタン安定化の分野において協力を進めてきましたし,今後も続けていきます。

 また,中央アジアの諸国が,他国に過度に依存することなく自立した発展を享受するため,人々の生活に直結する農業分野においても,「中央アジア+日本」対話の枠組みの下で,取組が進んでいます。そして,ユーラシアにおける同回廊は,地域の自立的な発展に資する潜在性も秘めています。それが「観光」です。中央アジア各国が連携して,例えば複数の国を巡る魅力的な観光ルートをつくることができれば,いかほど効果的でしょう。観光を通じた相互理解の促進は,地域の平和と友好の強化にとっても重要です。この分野における実践的な協力の方向性につき,明日の外相会合で議論される予定です。

 これらの分野を含め,中央アジアの「開かれ,安定し,自立的な発展」を目指した日本の協力は,国づくりのための人づくりに貢献することを主な柱とし,これまで26年間で農業,運輸・交通,経済,保健,ガバナンス,防災,観光等さまざまな分野で,中央アジアから10000人以上の研修員を受入れ,3,400人以上の専門家を派遣してきました。日本で学んだ人々の中から,アブドゥハキーモフ副首相をはじめ,今やウズベキスタン政府の要職やビジネス界で活躍している人材が輩出されていることは喜ばしい限りです。

 中央アジアは,豊かな可能性に溢れた地域です。一つ一つの国が魅力的なのは言うまでもありませんが,地域として協力すれば,一層輝かしい化学反応を起こすことができます。地域協力の触媒となりたいとの思いから日本が世界各国に先駆けて「中央アジア+日本」対話を立ち上げたのは,2004年のことでした。それ故に,昨年3月に第一回中央アジア諸国首脳実務会合が開催されるなど,いま,地域協力を進める強いダイナミズムが生まれていることを非常に嬉しく思います。

 そして,このような「中央アジア+日本」対話の枠組みでの協力が,地政学的に重要な地域に位置し,また最大の人口と豊富な資源を有するウズベキスタンとの強固な二国間の友好関係に支えられているのは言うまでもありません。日本とウズベキスタンは,「シルクロード」を通じた文明の伝播,日本人抑留者によるアリシェル・ナボイ記念劇場建設等の歴史も背景に,互いの国民に対する信頼や伝統・文化への関心を基礎として,友好協力関係を発展させてきました。ウズベキスタンが日本国民向けに査証免除を導入したことも奏功し,昨年,ウズベキスタンを訪れる日本人観光客が初めて1万5千人を超えました。全編ウズベキスタンで撮影された両国合作映画が今年日本及びウズベキスタンで公開される予定であり,日本でのウズベキスタンの人気を更に高める契機となることが期待されます。京都府舞鶴市,愛知県名古屋市,群馬県高崎市が,2020年東京オリンピック・パラリンピックでウズベキスタンのチームを応援すべく様々な交流に取り組んでいます。本年3月には名古屋市がタシケント市とパートナー都市協定に向けた覚書を結びました。このように,幅広い分野で様々なレベルでの交流が進んでいます。

 日本では今月1日,徳仁天皇陛下が即位され,新たなる時代が始まりました。今回の私の訪問が,日本と中央アジアの間の「協力の物語」の次の章の始まりとなることを期待しています。


このページのトップへ戻る
寄稿・インタビューへ戻る