クウェート国

薗浦外務大臣政務官のクウェート国祭日レセプションへの出席

平成27年3月9日

  • オタイビ駐日クウェート大使,ジャミーラ夫人とともに

 2月25日,薗浦健太郎外務大臣政務官は,都内で開催されたアブドゥル・ラフマーン・アル=オタイビ駐日クウェート大使(H.E. Mr. Abdel-Rahman Al-Otaibi, Ambassador of the State of Kuwait to Japan)主催のクウェート国祭日レセプションに出席し,外務省を代表して祝辞を述べたところ,概要は次のとおりです。

  1. 薗浦政務官は,挨拶の冒頭,クウェート建国54周年及び解放24周年の記念日についてアラビア語を交えながら祝辞を述べるとともに,昨年9月に,国際連合からサバーハ首長に対して「国際人道リーダー」の称号が授与されたことに祝福の言葉を贈りました。
  2. また,薗浦政務官は,クウェートの支援を得た三陸鉄道南北リアス線が,昨年4月に全線運行を再開したことに触れつつ,改めてクウェートの支援に感謝を表するとともに,最近の活発な要人往来を踏まえて,両国の協力関係が一層拡大していくことへの希望を表明しました。
  3. レセプションは,クウェートと関係が深い日本の各界関係者及び各国外交団等総勢約960名が出席し,盛大に行われました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
クウェート国へ戻る