チリ共和国

薗浦外務副大臣のチリ海軍練習艦「エスメラルダ」号艦上昼食会出席

平成28年8月30日

  • 薗浦外務副大臣のチリ海軍練習艦「エスメラルダ」号艦上昼食会出席

8月29日(月曜日),薗浦外務副大臣は,高円宮妃殿下(主賓)及びパトリシオ・トーレス駐日チリ共和国大使(H.E.Mr.Patricio Florencio TORRES Espinosa)夫妻等とともに,東京湾に寄港中のチリ海軍練習艦「エスメラルダ」号艦上昼食会に出席したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,カルロス・シュナイト「エスメラルダ」号艦長(Captain of the Training Ship of the Chilean Navy “Esmeralda”, Mr.Carlos Schnaidt)から歓迎の挨拶があり,故高円宮殿下及び妃殿下と「エスメラルダ」号との縁を光栄に思う,日チリ両国は遠く離れてはいるが,太平洋を挟んで多くのものを共有しており,その友好関係は,特に海軍間の関係に顕著に表れている旨述べました。
  2. 薗浦副大臣からは,同館長に対し,2015年の海上自衛隊練習艦隊のチリ訪問に際するチリ海軍の支援について感謝を述べました。トーレス駐日チリ共和国大使及びエラスリス日チリ経済委員会チリ側委員長(Mr.Juan Eduardo ERRAZURIZ Ossa, Chairman of the Chilean National Committee, The Chile-Japan Business Cooperation Committee)からは,来年の日チリ外交関係樹立120周年に際する両国間の要人往来の活発化に向けて,薗浦副大臣に協力要請がありました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
チリ共和国へ戻る