KIDS外務省~地球に生きる君たちへ~
KIDS外務省

世界いろいろ雑学ランキング

世界いろいろ雑学ランキング

造船竣工量の多い国・地域
造船竣工量の多い国・地域

(注)造船竣工量(ぞうせんしゅんこうりょう)=どのくらい船をつくったか。

 かつてはイギリスをはじめとしたヨーロッパの国々が、世界中の船の多くをつくっていました。やがて1950年半ばごろから日本の造船業がめざましく成長し、1956年には当時世界一の造船国だったイギリスを追いこしました。その後世界一の造船国として、たくさんの船をつくりつづけてきました。しかし、1990年代後半になると韓国、そして2000年代に入ると中国の建造量が増えはじめました。 近年では、日本、韓国、中国の3か国が世界の船の約90%を造っていることになり世界の船づくりのリーダーということになります(「日本海事広報協会 「海と船なるほど豆事典 船のなるほど」より」)。

出典:一般社団法人日本船主協会「海運統計要覧2020」(造船国別竣工量推移(2018年))

造船竣工量の多い国・地域
順位 国・地域名 竣工量(1,000総トン)(隻数)(2018年)
1 中華人民共和国(中国) 23,151(811)
2 日本 14,526(458)
3 大韓民国(韓国) 14,320(211)
4 フィリピン 1,996(40)
5 ベトナム 481(71)
6 イタリア 477(7)
7 ドイツ 463(9)
8 フランス 361(10)
9 台湾 334(42)
10 アメリカ合衆国(米国) 268(61)