中南米

中南米諸国の駐日大使等を対象としたODA官民連携案件視察ツアー

平成27年7月10日

 7月3日,外務省は,中南米諸国の駐日大使等を対象に,ODAを活用した官民連携案件の事例及び取組を紹介するため,ODA官民連携案件の視察ツアーを開催しました。

1 開催日

 平成27年7月3日(金曜日)

2 主催

 外務省

3 参加者

 中南米諸国の駐日大使等(ウルグアイ,エルサルバドル,コロンビア,チリ,ドミニカ共和国,ニカラグア,パナマ,ベネズエラ,ペルー及びメキシコ)

4 プログラム

中根一幸外務大臣政務官表敬訪問

 参加した大使等は,視察前に中根一幸外務大臣政務官を表敬訪問し,本件視察の目的やODA官民連携案件の政策的意義等について説明を受けました。

  • 写真1

テルモ株式会社 テルモメディカルプラネックス

 平成23年及び25年にODA事業(技術協力)の一環でテルモ社はメキシコから医師を日本に招へいし,心臓カテーテル術(手首からカテーテルを挿入する経橈骨動脈冠動脈カテーテル術(TRI))の研修を実施し,メキシコの医療技術向上に貢献しています。本視察ツアーに参加した大使等は,テルモ社関係者からTRIの歴史,現状等に関する説明を受けるとともに,同研修を実施した施設及び機材等を視察しました。

  • 写真2
  • 写真3

このページのトップへ戻る
中南米へ戻る