地球環境

UNEP国際環境技術センター

(UNEP / International Environmental Technology Centre

平成28年7月4日

1 設立経緯

  • (1)1990年のヒューストン・サミットにおいて海部総理(当時)より本件センターの我が国誘致を表明。1991年5月の第16回国連環境計画(UNEP)管理理事会において設立決定を採択。
  • (2)1992年10月30日、大阪において行政取極が締結され、本件センターがUNEPの機関として設立された。開発途上国及び経済体制が移行過程にある国に対して、環境上適正な技術(EST: Environmentally Sound Technologies)の移転を促進することを目的とする。我が国の国際機関を通じた環境分野での国際貢献の一環。

2 所在地

 大阪府大阪市

3 活動内容

 ホスト国である我が国と連携しつつ、開発途上国等に対し、研修及びコンサルティング業務の提供、調査、関連情報の蓄積及び普及等を実施。現在、主に廃棄物管理を対象に活動している。

4 予算(運営経費)

 運営経費は我が国からの拠出とUNEP本部から割り当てられるUNEP環境基金により賄われている。我が国の運営経費拠出額(過去10年)は以下の通り。

我が国の運営経費拠出額
年度 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
(単位:万ドル) 288 188 188 188 188 168 168 159 137 130

(2004年から外務省と環境省とで折半)

5 職員数

 国連職員10名(うち邦人職員は6名)。

6 所長

 キース・アルバーソン

7 その他

 地元による支援として財団法人地球環境センター(GEC)(大阪市)が事務所施設の提供を行っている。

このページのトップへ戻る
地球環境へ戻る