軍縮・不拡散

極東ロシアにおける5隻の原潜解体に関する実施取決めの署名

平成17年11月21日

1.経緯等

(1)1993年、我が国はロシア政府との間で日露非核化協力協定を締結し、協力事業の実施主体となる日露非核化協力委員会を設置した。

(2)2003年の「日露行動計画」に、ロシア極東における原潜解体協力事業の着実な実施を盛り込まれ、同事業は「希望の星」と名付けられた。「希望の星」は2002年のカナナスキス・サミットで採択された「大量破壊兵器及び物質の拡散に対するG8グローバル・パートナーシップ」の一環としても位置づけられる。

(3)我が国は、これまで日露非核化協力委員会を通じ、低レベル液体放射性廃棄物処理施設「すずらん」を建設・供与するとともに、ヴィクターIII級原潜1隻の解体支援を実施した。

(4)本年1月の町村外務大臣(当時)の訪露時に委員会総務会を開催し、同総務会において新たに5隻の退役原潜の解体に関する協力の実施を検討することを決定し、今般のプーチン大統領の訪日時に、同5隻の原潜解体事業に関する実施取決めに署名することとなった。

2.文書の主要点

 ロシア極東地域における5隻の退役原子力潜水艦の解体協力事業に関する枠組みを定める。

(1)対象事業の範囲(ヴィクターI級1隻、ヴィクターIII級3隻、チャーリーI級1隻の計5隻)
(2)資金の支払に関する手続
(3)ロシア側による情報の提供
(4)現場へのアクセス
(5)免税及び責任関係

3.署名者

 日露非核化協力委員会
   日本側代表 野村駐ロシア連邦大使
   ロシア側代表 アンティポフ連邦原子力局副長官
 ロシア連邦原子力局代表 アンティポフ連邦原子力局副長官

4.署名日

 11月21日

このページのトップへ戻る
目次へ戻る