サンマリノ共和国

中根外務副大臣によるサンマリノ訪問

平成30年5月9日

 4月28日,中根副大臣は外務省の政務レベルとして史上初めてサンマリノを訪問し,ニコラ・レンツィ外務・政務・司法長官(H.E. Mr. Nicola Renzi, Minister of Foreign and Political Affairs, and Justice of the Republic of San Marino)と意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。
 また,その他,ステファノ・パルミエーリ執政(H.E. Mr. Stefano Palmieri, The Captain Regent of the Republic of San Marino)及びマッテオ・チャッチ執政(H.E. Mr. Matteo Ciacci, The Captain Regent of the Republic of San Marino)を表敬し,二国間関係について意見交換を行いました。

  • (写真1)ニコラ・レンツィ外務・政務・司法長官との会談
    ニコラ・レンツィ外務・政務・司法長官との会談
  • (写真2)ステファノ・パルミエーリ執政及びマッテオ・チャッチ執政への表敬
    ステファノ・パルミエーリ執政及びマッテオ・チャッチ執政への表敬
  1. 中根副大臣から,我が国は基本的価値を共有するサンマリノとの関係を重視している旨述べました。また,両者は,1996年の国交開設以降,両国の友好関係が発展していることを歓迎しました。レンツィ長官は,中根副大臣の今次サンマリノ訪問は,二国間関係の強化につながる非常に重要な訪問であると述べました。
  2. 両者は,北朝鮮が全ての大量破壊兵器及びあらゆる弾道ミサイルの完全な,検証可能な,かつ,不可逆的な廃棄に向けた具体的な行動をとることが重要であるとの認識で一致しました。
  3. 両者は,その他地域・国際情勢についても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
サンマリノ共和国へ戻る