英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

英国政府関係者からの治安対策ブリーフィング

平成31年1月10日

 1月10日,午前11時45分(日本時間10日午後8時45分)から約30分間,英国を訪問中の安倍総理大臣は,トゥイッケナム・スタジアム内のメンバーズ・ラウンジにて,英国政府関係者からの治安対策ブリーフィングを受けたところ,概要は以下のとおりです。本ブリーフには,テリーザ・メイ英首相(The Rt Hon Theresa May MP,Prime Minister of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)も出席した他,日本側から,西村内閣官房副長官,鶴岡駐英国大使等が同席しました。

 1 ウォレス内務省閣外大臣(セキュリティ・経済犯罪担当)等の英国政府の治安関係者から,英国でのラグビーワールドカップやオリンピック・パラリンピック競技大会開催の経験も踏まえ,サイバー等の新たな脅威が現れる中での治安課題や,政府機関が連携した緊急事態対応のあり方等に関するブリーフィングが行われました。

 2 これに対し,安倍総理大臣から,ラグビーワールドカップ2019及び2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会が安全に行われるよう全力を尽くす旨述べるとともに,大規模な国際的スポーツ大会を過去に開催してきた英国からの知見の共有は非常に有益なものであり,今後とも英国からの協力をお願いしたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)へ戻る