ボスニア・ヘルツェゴビナ

堀井学外務大臣政務官とブルキッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ外務副大臣との会談

平成30年5月31日

  • (写真1)堀井学外務大臣政務官とブルキッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ外務副大臣の握手の様子
  • (写真2)堀井学外務大臣政務官とブルキッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ外務副大臣との会談の様子

 30日,午後4時から約30分間,堀井学外務大臣政務官は,訪日中のヨシップ・ブルキッチ・ボスニア・ヘルツェゴビナ外務副大臣(Mr. Josip BRKIC, Deputy Minister of Foreign Affairs of Bosnia and Herzegovina)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 堀井学政務官から,ブルキッチ副大臣の訪日を歓迎するとともに,日本は西バルカン地域の平和と安定を左右するボスニア・ヘルツェゴビナとの関係を重視しており,本年1月に安倍総理から発表した「西バルカン協力イニシアティブ」の下,同国の経済社会開発を引き続き支援していく旨述べました。また,経済関係の促進に向けた期待を表明しました。
  2. これに対し,ブルキッチ副大臣から,これまでの日本の支援に対する謝意が表明されました。また,ハイレベルの往来が活性化することへの期待が示されるとともに,今後,経済分野での協力関係を強化するため,ボスニア・ヘルツェゴビナの投資環境や観光分野での魅力を積極的に発信していきたい旨発言がありました。

このページのトップへ戻る
ボスニア・ヘルツェゴビナへ戻る