アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates:UAE)

基礎データ

平成31年3月13日

  • アラブ首長国連邦国旗

一般事情

1 面積

83,600平方キロメートル

2 人口

約940万人(2017年:世銀)

3 首都

アブダビ

4 民族

アラブ人

5 言語

アラビア語

6 宗教

イスラム教

7 略史

 紀元前3000年頃にさかのぼる居住痕が存在。7世紀イスラム帝国,次いでオスマン・トルコ,ポルトガル,オランダの支配を受ける。17世紀以降,英国のインド支配との関係で,この地域の戦略的重要性が認識された。18世紀にアラビア半島南部から移住した部族が現在のUAEの基礎を作った。1853年,英国は現在の北部首長国周辺の「海賊勢力」と恒久休戦協定を結び,以後同地域は休戦海岸と呼ばれた。1892年には,英国の保護領となった。1968年英国がスエズ運河以東撤退を宣言したため,独立達成の努力を続け,1971年12月,アブダビ及びドバイを中心とする6首長国(翌年2月ラアス・ル・ハイマ首長国が参加)が統合してアラブ首長国連邦を結成した。

政治体制・内政

1 政体

7首長国による連邦制

2 元首

大統領:ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン殿下(アブダビ首長)

3 議会

  • 連邦国民評議会
  • (選挙により選出される20名及び各首長の勅選により任命される20名,計40名の議員(任期4年)から構成。立法権は限定的)

4 政府

(1)首相:
ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下(副大統領,ドバイ首長)
(2)外相:
アブダッラー・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン殿下

5 内政

  • 連邦結成以来,連邦政府は一貫して連邦体制強化を唱えているが,各首長国は独立性を保つ傾向が強い。
  • 2004年11月2日,ザーイド大統領が逝去。翌3日,ハリーファ新大統領就任。新大統領の下においても前大統領の穏健路線が継承されている。
  • 2006年2月,ムハンマド副大統領兼ドバイ首長を首相とする新内閣が発足。
  • 2013年11月,ドバイが2020年の国際博覧会の開催地として選出された。
  • 2014年8月,新対テロリズム法が成立し,取締対象武器の範囲拡大,厳罰化等が行われた。
  • 2015年10月,第3回連邦国民評議会(FNC)選挙が実施され,議員の半数20名が選挙人の投票で選出。
  • 2016年2月,省庁再編・内閣改造が行われ,29名の閣僚からなる新内閣が成立した(2018年9月の内閣改造では,女性9名を含む33名の閣僚から構成)。

外交・国防

1 外交基本方針

  • (1)アラブ・イスラム諸国及び西側諸国等と穏健かつ協調的な外交を展開。
  • (2)1981年5月設立のGCC(湾岸協力理事会)加盟国との関係を基軸とした善隣外交を推進。

2 軍事力

(1)予算
不明(ミリタリーバランス2018)
(2)兵役
徴兵制
(3)兵力
約6.3万人(ミリタリーバランス2018)

経済

1 主要産業

石油・天然ガス,建設,サービス

2 GDP

3,826億ドル(2017年:世銀)

3 一人当たりGDP

40,699ドル(2017年:世銀)

4 GDP成長率

3.7%(2019年:IMF推計)

5 物価上昇率

2.0%(2017年:ジェトロ)

6 失業率

2.5%(2017年:世銀)

7 総貿易額

(1)輸出
3,135億ドル(2017年)(UNCTAD)
(2)輸入
2,737億ドル(2017年)(UNCTAD)

8 主要貿易品目

(1)輸出
原油,天然ガス,原油製品,再輸出品(金,電化製品等)
(2)輸入
自動車,機械,電化製品

9 主要貿易相手国(石油・ガスを除く)(2016年:WTO)

(1)輸出
EU,インド,イラン,スイス,イラク
(2)輸入
EU,中国,米国,インド,日本

10 通貨

ディルハム

11 為替レート

1$=3.6731ディルハム(1997年11月以来ドルに連動)

12 経済概要

  • 豊富な石油収入を背景に活発な対外投資(特にアブダビ)。同時に石油モノカルチャー経済からの脱却を図っており,製造業やサービス業等産業の多様化に努めている。
  • ドバイは商業・運輸のハブとして発展(ジャバルアリー・フリーゾーンには7,100社以上進出。エミレーツ航空は世界の150都市に運航)。

13 石油生産量

394万B/D(2017年:BP統計)

経済協力

1995年,UAEはODA卒業国となった。

  1. 有償資金協力 なし
  2. 無償資金協力(1990年度の1件のみ,ENベース) 5.0億円
  3. 技術協力実績(2002年度まで,JICAベース) 累計37.27億円

二国間関係

1 政治関係

  • (1)1971年12月,UAEの独立を承認。
  • (2)1974年4月,大使館設置。UAEは1973年12月,在京大使館設置。
  • (3)1995年1月,ドバイに総領事館を開設。
  • (4)1990年5月,ザーイド大統領が国賓として来日した。1995年1月,皇太子同妃両殿下のUAE御訪問が行なわれた。2004年4月,ハムダーン副首相兼外務担当国務相が外務省賓客として来日した。2007年4月,安倍総理がUAEを公式訪問し,ハリーファ大統領と会談した。2007年12月,ムハンマド・アブダビ皇太子が公式実務訪問賓客として来日した。
  • (5)2011年3月の東日本大震災に際し,ハリーファ大統領,ムハンマド副大統領が天皇陛下にお見舞いの電報を送った他,アブダッラー外相をはじめとする要人が駐アラブ首長国連邦日本国大使館で弔問記帳を行った。
  • (6)2013年5月,安倍総理がUAEを訪問。ムハンマド・アブダビ皇太子との会談,ムハンマドUAE副大統領兼首相との会談後,「日本とアラブ首長国連邦との間の安定と繁栄に向けた包括的パートナーシップの強化に関する共同声明」等を発出。
  • (7)2014年2月,ムハンマド・アブダビ皇太子が公賓として来日。2013年5月の両国共同声明の進捗をフォローアップした。
  • (8)2017年4月,アブダッラー・外務国際協力大臣が外務省賓客として訪日,皇太子殿下が同大臣に御接見になった他,安倍総理への表敬,岸田外務大臣と会談が行われた。
  • (9)2018年4月,安倍総理がUAEを訪問。ムハンマド・アブダビ皇太子と会談し,「戦略的パートナーシップの深化及び強化に関する共同声明」を発出。

2 経済関係

対UAE貿易
(ア)貿易額(2017年:財務省貿易統計)
輸入 207億ドル
輸出 72.2億ドル
(イ)主要品目
輸入 石油,液化天然ガス,アルミニウム
輸出 乗用車・貨物自動車,一般機械,電気機械

3 文化関係

 2004年,ナヒヤーン高等教育・科学研究大臣(当時)と河村文部科学大臣(当時)との間で,「高等教育及び科学研究に係る協力に関する覚書」が署名された。

4 在留邦人数

4,073人(2017年10月),日本人学校(アブダビ,ドバイ)あり

5 要人往来(肩書はいずれも当時のもの)

(1)往訪(1980年以降)
年月 要人名
1980年2月 園田総理大臣特使
1980年12月 田中通商産業大臣
1982年5月 安倍通商産業大臣
1983年5月 山中通商産業大臣
1986年11月 桜内元外務大臣
1992年1月 渡部通商産業大臣
1995年1月 木部衆議院議員
皇太子・同妃両殿下
1996年12月 高村外務政務次官(建国25周年記念式典出席)
1997年11月 平林外政審議室長(総理大臣特使)
1999年5月 与謝野通商産業大臣
2001年1月 河野外務大臣
2001年7月 平沼経済産業大臣
2001年10月 橋本元総理大臣(総理大臣特使)
2002年5月 中谷防衛庁長官
2002年6月 谷口財務副大臣
2003年4月 山崎自民党幹事長
冬柴公明党幹事長
二階保守新党幹事長
中谷衆議院議員(元防衛庁長官)
2004年1月 川口外務大臣
2004年4月 逢沢外務副大臣
2004年11月 川口特派大使(総理大臣補佐官,前外務大臣,ザーイド大統領逝去弔問)
2004年12月 逢沢外務副大臣,谷口衆議院議員(日UAE友好議連幹事長)
2005年4月 逢沢外務副大臣
2005年7月 橋本元総理大臣(総理大臣特使),谷口衆議院議員(日UAE友好議連幹事長)
2006年1月 金田外務副大臣(ドバイ首長逝去弔問)
2006年5月 福田元官房長官(日UAE友好議連会長)
谷口衆議院議員(同幹事長)
2006年8月 中川農林水産大臣
2006年11月 浅野外務副大臣
2007年4月 安倍総理大臣
2008年1月 甘利経済産業大臣
2008年5月 上川国務大臣・谷口総務副大臣,山本内閣府副大臣
奥田内閣特別顧問(総理大臣特使)
2008年7月 額賀財務大臣
2008年10月 中曽根外務大臣
橋本外務副大臣
2009年3月 福田前総理大臣(総理大臣特使)
2009年10月 直嶋経済産業大臣
2010年1月 松下経済産業副大臣
2011年1月 櫻井財務副大臣
2011年1月 大畠経済産業大臣
2011年10月 枝野経済産業大臣
2012年1月 玄葉外務大臣
浜田外務大臣政務官
柳澤経済産業大臣政務官
2012年11月 本多経済産業大臣政務官
2013年1月 城内外務大臣政務官
2013年2月 茂木経済産業大臣
2013年4月 阿部外務大臣政務官
2013年5月 安倍総理大臣
2013年10月 松島経済産業副大臣
2014年1月 牧野外務大臣政務官
2014年1月 茂木経済産業大臣
2014年4月 赤羽経済産業副大臣
2014年8月 木原防衛大臣政務官
2014年8月 甘利内閣府特命担当大臣(経済財政政策)
2014年8月 赤松衆議院副議長
2014年10月 木村総理補佐官
2014年11月 高木経済産業副大臣
2015年1月 宮沢経済産業大臣
2015年1月 中山外務副大臣
2015年2月 高木経済産業副大臣
2015年5月 秋葉自民党外交部会長
2015年10月 西村内閣府副大臣
2015年10月 西村国土交通副大臣
2015年11月 高木経済産業副大臣
2016年1月 山田外務大臣政務官(IRENA総会)
高木経済産業副大臣
2016年3月 鈴木スポーツ庁長官
2016年5月 高木経済産業副大臣
2016年11月 高木経済産業副大臣
2016年12月 薗浦外務副大臣
2017年1月 世耕経済産業大臣
2017年2月 薗浦外務副大臣
2017年3月 高木経済産業副大臣
2017年4月 河井内閣総理大臣補佐官
2017年6月 薗浦外務副大臣
2017年7月 高木経済産業副大臣
2017年12月 河野外務大臣
2018年1月 河野外務大臣
2018年1月 世耕経済産業大臣
2018年2月 宮腰総理補佐官
2018年4月 安倍総理大臣
2018年5月 西銘経済産業副大臣
2018年11月 関経済産業副大臣
2019年1月 世耕経済産業大臣
2019年1月 辻外務大臣政務官
2019年2月 高野農林水産大臣政務官
(2)来訪(1980年以降)
年月 要人名
1980年1月 オウェイス水・電気相
1980年7月 オタイバ石油相
1981年10月 オタイバ石油相
1983年11月 ムハンマド国防相(現副大統領兼首相兼ドバイ首長)
1984年3月 オタイバ石油相
1986年9月 オタイバ石油相
1988年2月 オタイバ石油相
1989年2月 ムハンマド殿下(現アブダビ皇太子),ヌアイミ外務担当国務相(大喪の礼参列)
1990年5月 ザーイド大統領(国賓)
1990年11月 ムハンマド殿下(現アブダビ皇太子,即位の礼参列)
1994年11月 ゴバーシュ経済・商務相
1996年4月 アブダッラー殿下(現外相)
1997年12月 ミドファ保健相(COP III参加)
2001年9月 シャルハーン教育・青年相
2002年1月 カーシミー経済商務相(アフガニスタン復興支援国際会議出席)
2002年9月 ナーセリー石油鉱物資源相(国際エネルギーフォーラム)
2004年4月 ハムダーン副首相兼外務担当国務相(外務省賓客)
2004年12月 ルメイシ・ハムダーン副首相府長官
2007年4月 カーシミー経済相
2007年12月 ムハンマド・アブダビ皇太子(公式実務訪問賓客)
2009年4月 アブダッラー外相(パキスタン支援国会合)
2010年4月 スルターン・シャルジャ首長
2011年5月 ムハンマド副大統領兼首相兼ドバイ首長(非公式)
2013年4月 アブダッラー外相
2013年8月 スルターン・ジャーベル国務相
2014年2月 ムハンマド・アブダビ皇太子(公賓)
2014年4月 スルターン・ジャーベル国務相
2014年11月 ハンマーディ教育相
2015年4月 ハルドゥーン・アブダビ執行関係庁長官
2015年9月 マンスーリ経済相
2015年11月 マイサ国務相
2016年10月 リーム・ハーシミー国際協力担当相(STSフォーラム)
2016年12月 オフード・ルーミー幸福担当国務相
2017年4月 アブダッラー外務・国際協力相
2017年5月 マイサ国務担当相(世界女性サミット)
2017年7月 スルターン・ジャーベル国務相
2018年2月 スルターン・ジャーベル国務相
2018年4月 アブダッラー外務・国際協力相(外賓)
2018年5月 ボワルディ国防担当相
2018年8月 スルターン・ジャーベル国務相
2018年11月 マイサ国務相

6 二国間条約・取極

  • 航空協定(1998年3月)
  • 原子力協定(2014年7月)
  • 租税条約(2014年12月)

7 外交使節

  • (1)中島明彦特命全権大使
  • (2)カリド・オムラン・スカイット・サルハン・アルアメリ特命全権大使
このページのトップへ戻る
アラブ首長国連邦へ戻る