中南米

セントビンセント及びグレナディーン諸島(Saint Vincent and the Grenadines)

基礎データ

平成31年1月21日

  • セントビンセント及びグレナディーン諸島国旗

一般事情

1 面積

390平方キロメートル(五島列島の福江島とほぼ同じ)(2017年 世銀)

2 人口

11.0万人(2017年 世銀)

3 首都

キングスタウン

4 民族

アフリカ系(72.8%),混血(20%),ヨーロッパ系(4%),カリブ族(3.6%),東インド系(1.4%),その他

5 言語

英語(公用語),セントビンセント・クレオール語

6 宗教

キリスト教(英国国教会,プロテスタント,カトリック等)等

7 略史

年月 略史
1498年 コロンブスにより「発見」
1783年 英国植民地
1958年 英領西インド諸島連邦に加盟(1962年迄)
1969年 英国自治領
1979年 独立

政治体制・内政

1 政体

立憲君主制

2 元首

エリザベス二世女王

3 議会

一院制(選出議員(15名)と選任議員(6名))

4 政府

  • (1)首相名 ラルフ・ゴンザルベス
  • (2)外相名 ルイス・ストレーカー

5 内政

  • (1)独立直後,1979年12月の総選挙で,セントビンセント労働党のケイトー政権が成立。
  • (2)1984年7月の総選挙で,野党新民主党(NDP)が9議席を獲得。ミッチェル政権が誕生。
  • (3)2001年3月の総選挙で1984年以降政権与党であったNDPが大敗し,統一労働党(ULP)のゴンザルベス党首が首相に任命された。
  • (4)2005年12月,2010年12月及び2015年12月,総選挙が実施され,いずれもULPが勝利,ゴンザルベス政権は現在4期目。

外交・国防

1 外交基本方針

  • (1)カリブ海諸国及び英国との関係を重視
  • (2)英連邦の一員であるとともに,カリブ共同体(CARICOM),カリブ諸国連合(ACS)及び東カリブ諸国機構(OECS)加盟国
  • (3)台湾承認国

2 軍事力

  • (1)1996年3月,OECS6か国及びバルバドスの7か国の間で域内安全保障システム(RSS)設置。
  • (2)独自の軍隊は持たない。

経済(単位 米ドル)

1 主要産業

観光業,農業(バナナ産業)

2 GNI

7億6,900万米ドル(2017年 世銀)

3 一人当たりGNI

6,990米ドル(2017年 世銀)

4 GDP成長率

1.5%(2015年),1.9%(2016年),1.6%(2017年)(世銀)

5 インフレ率

0.2%(2014年),-1.7%(2015年),-0.4%(2016年推定値),1.2%(2017年推定値),1.3%(2018年推定値)(IMF)

6 失業率

18.3%(2017年)(世銀(出典ILO))

7 総貿易額

(1)輸出
4,000万米ドル(2017年 WTO)
(2)輸入
3億500万米ドル(2017年 WTO)

8 主要貿易品目

(1)輸出
農産品(バナナ,タロイモ),くず粉,テニスラケット
(2)輸入
鉱物・燃料,食料品,一般機械,化学肥料

9 主要貿易相手国(2015年 WTO)

(1)輸出
バルバドス,セントルシア,アンティグア・バーブーダ,トリニダード・トバゴ
(2)輸入
米国,トリニダード・トバゴ,EU,中国

10 通貨

東カリブ・ドル(EC$)

11 為替レート

1米ドル=2.7EC$(固定相場制)

12 経済概況

 同国の経済は,伝統農産品であるバナナの輸出と観光業が中心。自然災害や国際価格の変動等の外的要因により影響を受けつつも,政府は農産品の品質改良や多角化を推進するなど,概して安定的な成長を維持してきた。2001年の経済成長は,米国同時多発テロの影響で観光業が伸びず低調であったが,その後は,観光業及びバナナの輸出が順調で,2007年は約4.0%の経済成長を記録。2008年以降,世界的経済不況により観光業は低調となったが,農産品の輸出等によりプラス成長を続け,マクロ経済運営は総じて順調に推移。

 IMFは,セントビンセントを含む東カリブ諸国機構(OECS)の地域経済は,観光客数の増加,石油価格安,政府の財政管理改善により,地域経済回復に勢いがついていると評価。他方,中期的見通しとして,脆弱な銀行システム,高い債務,自然災害への脆弱性,競争率の低さが成長の妨げになると指摘されている。

経済協力

1 日本の援助実績(累計)

  • (1)有償資金協力(2016年度まで,交換公文ベース) なし
  • (2)無償資金協力(2016年度まで,交換公文ベース) 64.80億円
  • (3)技術協力実績(2016年度まで,JICAベース) 17.52億円

2 主要援助国(2015年 OECD/DAC)

  • (1)日本
  • (2)オーストラリア
  • (3)英国
  • (4)韓国
  • (5)ニュージーランド

二国間関係

1 政治関係

 1979年10月27日のセントビンセント独立と同時に,日本は同国を承認。

 1980年4月15日外交関係開設,1981年より我が方は在トリニダード・トバゴ大使館が兼轄。セントビンセントは駐日大使館未設置。

2 経済関係

(1)対日貿易(2017年 財務省貿易統計)
(ア)貿易額
対日輸出 3.5億円
対日輸入 5.3億円
(イ)主要品目
対日輸出 魚介類(まぐろ)
対日輸入 自動車,原動機
(2)日本からの直接投資
なし

3 在留邦人数

7名(2017年10月)

4 在日当該国人数

5名(2018年6月)(法務省)

5 要人往来

(1)往
年月 要人名
1989年1月 山下徳夫衆議院議員
1992年8月 東力衆議院議員
1999年5月 亀谷博昭農林水産政務次官
(2)来
年月 要人名
1986年5月 ミッチェル首相
1987年 ミッチェル首相夫人
1988年11月 デフレイタス貿易・工業・農業相
1989年2月 クリックシャンク通信・公共事業相(大喪の礼)
1990年11月 ミッチェル首相(即位の礼)
1994年5月 ジョーンズ住宅・青年・地方行政・地域社会開発相
2000年11月 クリックシャンク外相(第1回日・カリコム外相会議)
2004年3月 ゴンザルベス首相
2005年1月 フランシス運輸・公共事業・住宅相(国連防災世界会議[神戸市])
2010年9月 ストレーカー外相(第2回日・カリコム外相会議)
2018年8月 ゴンザルベス首相

6 二国間条約・取極

  • 2000年 青年海外協力隊派遣取極
このページのトップへ戻る
中南米へ戻る