ルワンダ共和国

ルワンダ共和国(Republic of Rwanda)

基礎データ

平成30年7月9日

  • ルワンダ共和国国旗

一般事情

1 面積

2.63万平方キロメートル

2 人口

1,191万人(2016年,世銀)

3 首都

キガリ(Kigali)

4 民族

フツ,ツチ,トゥワ

5 言語

ルワンダ語,英語(2009年,公用語に追加され,フランス語に代わって教育言語となった),フランス語,スワヒリ語

6 宗教

キリスト教(カトリック,プロテスタント),イスラム教

7 略史

年月 略史
15世紀頃 ルワンダ王国建国
1890年 ドイツ保護領となる(ドイツ領東アフリカの一部)
1916年 ベルギー軍による侵攻・占領
1922年 ベルギーの委任統治領となる(ルアンダ・ウルンディの一部)
1946年 ベルギーの信託統治領となる(ルアンダ・ウルンディの一部)
1961年 国民投票により王政を廃止
カイバンダ初代大統領就任
1962年7月 ベルギーから独立
1973年7月 クーデターによりハビヤリマナ大統領就任
1990年10月 ルワンダ愛国戦線(RPF)がウガンダから侵攻
1993年8月 アルーシャ和平合意成立
1994年4月 ハビヤリマナ大統領暗殺
「ルワンダ大虐殺」が始まる
1994年7月 RPFが全土を完全制圧
ビジムング大統領,カガメ副大統領就任
2000年4月 カガメ大統領就任
2003年5月 国民投票による新憲法制定
2003年8月 大統領選挙でカガメ大統領当選
2007年7月 東アフリカ共同体(EAC)加盟
2003年9-10月 上院・下院議員選挙(与党RPFの勝利)
2008年9月 下院議員選挙(与党RPFの勝利)
2009年11月 コモンウェルス加盟
2010年8月 大統領選挙でカガメ大統領再選
2013年9月 下院議員選挙(与党RPFの勝利)
2015年12月 国民投票による憲法改正(カガメ大統領が2017年の大統領選挙に立候補することが可能となる)
2017年8月 大統領選挙でカガメ大統領再選

政治体制・内政

1 政体

共和制

2 元首

ポール・カガメ大統領(H.E. Mr. Paul KAGAME)

3 議会

上院(26議席,任期8年),下院(80議席,任期5年)

4 政府

  • (1)首相 エドワード・ンギレンヘ(Rt. Hon. Edouard NGIRENTE
  • (2)外相 ルイーズ・ムシキワボ(Hon. Louise MUSHIKIWABO

5 内政

  • (1)1962年の独立以前から,フツとツチの抗争が繰り返されていたが,独立後多数派のフツが政権を掌握し,少数派のツチを迫害する事件が度々発生していた。1990年に独立前後からウガンダに避難していたツチが主体のルワンダ愛国戦線(RPF)がルワンダに武力侵攻し,フツ政権との間で内戦が勃発した。1993年8月にアルーシャ和平合意が成立し,国連は停戦監視を任務とする「国連ルワンダ支援団(UNAMIR)」を派遣したが,1994年4月のハビヤリマナ大統領暗殺を契機に,フツ過激派によるツチ及びフツ穏健派の大虐殺が始まり,同年7月までの約100日間の犠牲者は80~100万人と言われている。
  • (2)1994年7月,RPFがフツ過激派を武力で打倒すると,ビジムング大統領(フツ),カガメ副大統領(ツチ)による新政権が成立した。同政権は大虐殺の爪痕を乗り越えようと,出身部族を示す身分証明書の廃止(1994年),遺産相続制度改革(女性の遺産相続を許可)(1999年),国民和解委員会及び国民事件委員会の設置(1999年)等,国民融和・和解のための努力を行った。
  • (3)2003年8月には大統領選挙が実施されカガメ大統領が当選した。以後行われた上院(2003年,2011年)・下院議員(2003年,2008年,2013年)選挙の全てで,与党RPFが勝利した。2010年8月の大統領選挙でカガメ大統領は再選された。2015年12月,国民投票を経て憲法が改正され,大統領の三選禁止規定は維持しつつ大統領任期が7年から5年に短縮された。また,改正憲法の下でカガメ大統領は,2017年,2024年に実施予定の大統領選挙に立候補することが可能となった。2017年8月の大統領選挙では,カガメ大統領が立候補し,98.8%の支持を得て再選された(三期目,任期は2024年まで)。
  •  (4)カガメ大統領は汚職対策に力を入れており,汚職の少なさは,治安の良さとともに,良好なビジネス環境を提供している。なお,ルワンダは女性が国会議員に占める割合が57.5%で世界一(2018年5月現在)。上院副議長,下院議長の要職を女性が占め,女性閣僚の割合は約43%と,女性の社会進出が進んでいる。
  • (5)2015年4月以降,隣国ブルンジの情勢が悪化したことにより,ブルンジ難民の流入が続いており,ルワンダ国内のブルンジ難民は,8.9万人(2018年1月現在)に達している。

外交・国防

1 外交基本方針

 ルワンダの経済発展のための経済外交を重視しており,主要な援助国と良好な関係を築く一方,東アフリカ共同体(EAC)やアフリカの経済統合にも積極的である。国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)にPKO要員を派遣しており,長年,アフリカの平和と安定に貢献してきている。2018年,カガメ大統領がAU議長に就任し(任期1年),AU改革等に向けたリーダーシップも発揮している。

2 軍事力

  • (1)予算 8,800万ドル(2016年)
  • (2)兵役 志願制
  • (3)兵力 3万4,000人(陸軍33,000人,空軍1,000人,予備役2,000人)(2016年)

経済

1 主要産業

農業(コーヒー,茶等)

2 GDP

81.65億ドル(2016年,世銀)

3 一人当たりGNI

700米ドル(2016年,世銀)

4 経済成長率

5.9%(2016年,世銀)

5 物価上昇率

5.7%(2016年,IMF)

6 総貿易額(2017年,IMF)

  • (1)輸出 9.95億ドル
  • (2)輸入 19.2億ドル

7 主要貿易品目(2017年,NISR)

  • (1)輸出 金,コルタン,錫,茶,コーヒー
  • (2)輸入 消費財,中間財,資本財,エネルギー

8 主要貿易相手国(2017年,NISR)

  • (1)輸出 ケニア,アラブ首長国連邦,スイス,コンゴ民主共和国
  • (2)輸入 中国,ウガンダ,ケニア,インド

9 通貨

ルワンダ・フラン

10 為替レート

1ドル=817.9ルワンダ・フラン(2017年,ルワンダ中央銀行)

11 経済概況

  • (1)農業がGDPの3割以上(33%),労働人口の約7割を占め,多くの農民が小規模農地を所有している。主要な商用作物はコーヒー及び茶(輸出収入の28%(2017,NISR))であり,高品質化により国際競争力を強化する政策をとっている。一方で,内陸国のために輸送費が高いという問題も抱えており,これを克服するために経済特区の整備やICT産業の振興に注力している。
  • (2)1980年代は,構造調整計画を実施し経済の再建に努めたが,内戦勃発以降はマイナス成長,特に1994年の大虐殺で更に壊滅的打撃を受けた。その後,農業生産の堅実な回復(1998年には内戦前の水準を回復),ドナー国からの援助,健全な経済政策により1999年までにGDPは内戦前の水準に回復した。2010年以降平均7%前後の実質経済成長率を維持。国家財政に占める援助依存率は33.6%(2016-2017年会計年度)。慢性的な輸入超過が課題だが,全体的には安定したマクロ経済運営がなされている。
  • (3)ルワンダ政府は, 2020年までに中所得国,2035年までに高中所得国,2050年までに高所得国となる目標を掲げており,2017年からは,年平均9.1%の経済成長を目標とした中期的成長戦略「第一次国家変革戦略(NST1)」を実施している。
  • (4)世銀の「Doing Business(投資環境ランキング)2018」では,全世界191ヵ国地域中41位,アフリカ第2位,東アフリカ共同体(EAC)第1位という高い順位を占めている。

開発協力

1 日本の援助実績

  • (1)有償資金協力(2016年度まで,ENベース)  115.38億円
  • (2)無償資金協力(2016年度まで,ENベース)  441.57億円
  • (3)技術協力実績(2016年度まで,経費ベース) 142.33億円

2 主要援助国(2015年,単位:百万ドル)

  • (1)米国(198.46)
  • (2)英国(154.79)
  • (3)オランダ(40.83)
  • (4)ベルギー(35.88)

二国間関係

1 政治関係

  • (1)日本は,ルワンダが独立した1962年7月に国家承認した。1993年から2009年末まで在ケニア日本大使館がルワンダを兼轄していたが,2010年1月に在ルワンダ日本大使館を開館した。ルワンダは1979年5月に在京大使館を開設した(2000年9月に閉鎖したが,2005年1月に再開)。
  • (2)1994年4~7月のルワンダ大虐殺後に国外に避難したルワンダ難民を支援するため,日本は,同年9~12月の間,国際平和協力法に基づき,ザイール共和国(当時,現コンゴ民主共和国)のゴマ 等に約400名の難民救援隊・空輸隊等を派遣した。

2 経済関係(対日貿易)(2017年,財務省)

(1)貿易額
輸出 約6億1,900万円
輸入 約13億1,000万円
(2)主要品目
輸出 コーヒー,雑貨
輸入 自動車,医療関連機械

3 文化関係

在ルワンダ日本大使館が,空手道大使杯,日本映画祭などを実施してきている。2018年には,ルワンダ空手連盟に対し,空手用マットほかを供与した。

4 在留邦人数

134人(2018年6月現在)

5 在日当該国人数

75人(2018年6月現在)

6 要人往来

(1)往
(1965年から6年間,服部正也氏(日本銀行からIMFに出向)がルワンダ中央銀行総裁として独立後のルワンダの経済・財政政策の基盤作りに貢献した。)
年月 要人名
1982年6月 辻外務政務次官(独立20周年記念式典に政府特派大使として参加)
2005年10月 逢沢一郎外務副大臣
2006年8月 日本・アフリカ連合友好議員連盟(村田吉隆衆議院議員,北村誠吾衆議院議員)
2006年10月 浜田昌良外務大臣政務官
2008年12月 御法川信英外務大臣政務官
2009年6月 橋本聖子外務副大臣
2010年12月 参議院ODA調査団(柳澤光美参議院議員,米長晴信参議院議員,佐藤正久参議院議員)
2014年5月 山本博司財務大臣政務官(アフリカ開発銀行年次総会)
2014年8月 三原朝彦衆議院議員,山際大志郎衆議院議員(日AU友好議連)
2014年8月 石原宏高外務大臣政務官(貿易投資促進ミッション)
2015年12月 三原朝彦議員、山際大志郎議員(日AU議連)
2017年7月 三原朝彦議員、山際大志郎議員(日AU議連)
(2)来
年月 要人名
1981年10月 ンガリュキイントワリ外務・協力相(外務省賓客)
1985年3月 ルカシャサ外務協力次官(中堅指導者招聘)
1988年3月 ハビャリマナ大統領(非公式)
1989年2月 ムゲマナ内務相(大喪の礼)
1990年11月 ハビマナ「発展のための国民革命運動」書記長(即位の礼)
1991年3月 ンギラバトワレ計画相(大統領特使)
1993年10月 ルコゴザ情報相(第1回アフリカ開発会議(TICAD))
1996年1月 ビララ計画相(非公式)
1996年6月 ビジムング大統領(非公式)及びガザナ外務・協力相
1997年4月 カガメ副大統領(外務省賓客)及びビララ大蔵・計画相
1998年10月 ルイジェマ首相(TICADII)
2000年1月 イヤムレムイェ外相
2001年12月 カベルカ財務・経済計画相(TICAD閣僚レベル会合)
2003年9月 マクザ首相,ムリガンデ外相(TICAD III)
2005年2月 ムジャワマリア初等中等教育担当相(フォーラム出席)
2005年4月 カベルカ財務・経済計画相(実務)
2005年6月 ンシュティ商業・産業・投資促進・観光・協同組合相(愛知万博)
2005年7月 ムリガンデ外相(外務省賓客)
2005年9月 ムレンジ教育・科学・技術・研究相(科学技術社会フォーラム出席)
2006年6月 ムリガンデ外相
ンサンザバガンワ経済計画担当国務相
カレガ産業・投資促進担当国務相
2006年11月 カガメ大統領(実務訪問賓客),カマンジ・インフラ相,ムセミナリ協力担当国務相,ンサンザバガンワ経済計画担当国務相
2007年10月 ムレンジ科学・技術・研究相(科学技術社会フォーラム出席)
2008年5月 カガメ大統領(TICAD IV)
ムセミナリ外相
2009年10月 ムリガンデ教育相兼科学技術研究担当国務相(科学技術社会フォ-ラム)
2011年6月 ムシキワボ外相(MDGsフォローアップ会合)
2011年11月 ルワンゴムブワ財務・計画相
2012年10月 ルワンゴムブワ財務・計画相(IMF世銀東京総会)
2013年6月 カガメ大統領(TICAD V)
2015年3月 ムレケジ首相,ムカンタバナ災害対策・難民問題大臣(第3回国連防災世界会議)
2018年3月 ルランギルワICT大臣(閣僚級招へい)

7 二国間条約・取極

  • 1985年6月 青年海外協力隊派遣取極
  • 2005年1月 技術協力協定
このページのトップへ戻る
ルワンダ共和国へ戻る