パプアニューギニア独立国

パプアニューギニア独立国(Independent State of Papua New Guinea)

基礎データ

平成30年4月13日

  • パプアニューギニア独立国国旗

一般事情

1 面積

約46万平方キロメートル(日本の約1.25倍)

2 人口

約800万人(2016年,世界銀行)

3 首都

ポートモレスビー

4 民族

メラネシア系

5 言語

英語(公用語)の他,ピジン英語,モツ語等を使用

6 宗教

主にキリスト教。祖先崇拝等伝統的信仰も根強い。

7 略史

年月 略史
16世紀前半~19世紀後半 ヨーロッパ人の来訪
1884年 独,ニューギニア北東部を保護領とする(独領ニューギニア)
1884年 英国,ニューギニア南東部を保護領とする(英領ニューギニア)
1906年 英領ニューギニア,豪領となる
1914年 第1次世界大戦勃発に伴い,豪が独領ニューギニアを占領
1920年 国際連盟,独領ニューギニアの統治を豪に委任
1942年 日本軍進駐
1945年 日本軍降伏,豪州が統治
1946年 豪州を施政権者とする国連の信託統治地域となる
1964年 住民議会設置
1973年 内政自治に移行
1975年9月16日 独立

政治体制・内政

1 政体

立憲君主制

2 元首

エリザベス二世女王(英国女王),ボブ・ダダイ(Bob DADAE)総督(2017年2月就任)

3 議会

一院制,議員数111名,任期5年

4 政府

5 内政

  • (1)2007年6月から7月にかけて総選挙が行われた結果,与党の国民同盟党(NA)が再び勝利し,ソマレ首相が再任され,新政権を発足させた(ソマレ首相は「建国の父」と呼ばれる独立時の初代首相)。
  • (2)2011年8月,4月以降シンガポールで病気療養中であったソマレ首相の不在中に,野党と一部の与党議員が同調して,人民国民会議党(PNC)のオニール氏が首相に選出され,野党であったPNG党のナマ党首が副首相に就任し,オニール内閣が発足した。
  • (3)2011年12月,最高裁判所がオニール首相選出プロセスを違憲と判断,ソマレ首相の復帰を指示。ソマレ側,オニール側いずれもが正統な政府であることを主張しているが,実質的に政府として機能しているのはオニール政権であり,議会,行政機関についてもオニール政権の下で機能していた。
  • (4)2012年7月に総選挙が行われ,オニール首相が党首を務める人民国民会議党(PNC)が最大議席を獲得。2012年8月,オニール首相が議会の圧倒的多数の支持を得て首相に再選された。
  • (5)2017年6月から7月の総選挙においては,オニール首相率いる与党連合が大幅に議席を減らしたものの,過半数を維持し,オニール首相が賛成多数で再選。その後野党からの合流が続き,現在は安定した政権を運営。

外交・国防

1 外交

 旧宗主国であり圧倒的に最大の援助国・貿易相手国である豪州との対等な関係の促進,国境を接しているインドネシアとの友好関係の維持,近隣諸国との連携強化等を引き続き外交の機軸としている。また,アジア太平洋地域の一員として,日本をはじめとするアジア諸国との関係強化,同地域内での多国間外交にも力を入れており,太平洋島嶼地域で唯一のAPEC加盟国となっている。

 また,太平洋島嶼地域の大国として,太平洋諸島フォーラム(PIF)において強い発言力を有し,地域のリーダーとして独自の外交を展開している。

 2015年の9月から2016年9月までPIF議長国。2018年のAPEC議長国を務める予定。

2 国防

  • (1)予算 256.5百万キナ(2016年度予算)
  • (2)兵役 志願兵制度
  • (3)兵力 兵員規模 約2,100人(陸軍1,775人,海軍200人,空軍125人)

経済

1 主要産業

鉱業(液化天然ガス,金,原油,銅),農業(パーム油,コーヒー),林業(木材)

2 GDP

202.1億米ドル(2014年,世界銀行)

3 一人当たりGNI

2,680米ドル(2016年,世界銀行)

4 経済成長率

2.4%(2016年,世界銀行)

5 物価上昇率

6.1%(2016年,世界銀行)

6 総貿易額

  • (1)輸出 24,809百万キナ
  • (2)輸入 5,712百万キナ

(2016年,アジア開発銀行)

7 主要貿易品目

  • (1)輸出 液化天然ガス,金,原油,銅,ココア,コーヒー,木材,パーム油
  • (2)輸入 石油,機械類,コメ,自動車,衣類

8 主要貿易相手国

  • (1)輸出 オーストラリア,シンガポール,日本,中国
  • (2)輸入 オーストラリア,シンガポール,マレーシア,中国

(2016年,アジア開発銀行)

9 通貨

  • キナ及びトヤ(100分の1キナ)
  • 1キナ=約34円(2017年6月)

10 経済概況

 2003年以降はプラス成長を達成している。経済活動の改善は鉱業産品・非鉱業産品の増産・価格上昇,順調な気候条件を反映して輸出部門により主導された。好調な輸出は,輸入の減少及び政府による財政引き締めとも相俟って為替相場の安定,インフレ率の低下をもたらしており,国内的には,民間部門の活動と雇用に成長が見られる。2014年6月には,LNG(液化天然ガス)の輸出が開始されて更なる経済成長を牽引することが期待されたが,2015年には石油や鉱物の国際商品価格の下落,干ばつ被害などの影響を受け,当初期待されたほどの経済成長は実現できていないが,インフラ整備や教育・医療の無償化などを推進するなど,目に見える形で国民が利益を感じられるような政策を進めている。

経済協力

1 日本の援助

  2015年度 2015年度までの累計
(1)有償資金協力 269.42億円 1,057.28億円
(2)無償資金協力 0.71億円 420.97億円
(3)技術協力 15.43億円 324.80億円

2 主要援助国

  • (1)オーストラリア(418.3),
  • (2)日本(26.4),
  • (3)ニュージーランド(22.7)

(単位:百万米ドル,OECD/DAC)

二国間関係

1 政治関係

1975年1月
ポートモレスビーに日本側総領事館開設
1975年9月
独立と同時に外交関係を樹立
1975年12月
在パプアニューギニア日本大使館開設
1976年4月
在パプアニューギニア大使館に初代大使赴任

2 経済関係

(1)貿易額(2017年,財務省貿易統計)
パプアニューギニアへの輸出 193億円
パプアニューギニアからの輸入 2,739億円
(2)駐在日本企業数 11社(2018年3月)

3 在留邦人数

184名(2017年8月現在)

4 在日パプアニューギニア人数

54名(2017年6月,法務省在留外国人統計)

5 要人往来

(1)往(1980年以降)
年月 要人名
1980年 大平総理大臣,大来外務大臣
1985年 中曽根総理大臣,安倍外務大臣
1986年 浦野外務政務次官
1987年 倉成外務大臣
1989年 小泉厚生大臣
1991年 鈴木外務政務次官
1992年 柿沢外務政務次官(立寄り)
1995年 福田外務政務次官(独立20周年特派大使)
1997年 佐々木満参議院議員一行
2000年 伊藤公介衆議院議員(独立25周年特派大使)
2002年 原田昇左右衆議院議員,植竹外務副大臣
2004年 村田吉隆衆議院議員
2005年 福島外務大臣政務官,有馬政府代表(日・PIF域外国対話)
2006年 遠山外務大臣政務官
2011年 菊田外務大臣政務官
2013年6月 城内外務大臣政務官
2013年12月 三ツ矢外務副大臣
2014年7月 安倍総理大臣
2014年9月 宇都外務大臣政務官
2015年9月 中根外務大臣政務官(総理特使)(PIF域外国対話)
2017年5月 佐藤正久参議院議員
(2)来(1977年以降)
年月 要人名
1977年 ソマレ首相(公賓)
1979年 オレワレ副首相兼外相・貿易相(外務省賓客)
1985年 ソマレ首相(公賓)
1989年 ディベラ総督(大喪の礼)
1989年 ポラ蔵相
1989年 エブ漁業相
1990年 マティアベ文化・観光相(花博賓客)
1990年 エリ総督(即位の礼)
1992年 ドイ副首相兼漁業相等
1994年 モミス通信相
1995年 ヤマ運輸・公共事業相,コンガ商工相,チャン首相兼外務貿易相(APEC)
1996年 チャン首相兼外務貿易相(SPF議長,外賓)
1997年 ゲニア外相(第1回太平洋・島サミット)
1998年 ナマリュウ石油エネルギー相
1999年 タラヌピ教育相,ペイプル公共サービス相
2000年 モラウタ首相(第2回太平洋・島サミット)
2000年 モラウタ首相(小渕前総理大臣葬儀)
2001年 ソマレ元首相
アベイ・ブーゲンビル問題担当相,ヤキ石油・エネルギー相(大阪シンポジウム)
2001年 ナロコビ国会議長
2002年 クンバコール金融相
アウアリ民営化相,ルス文化観光相
2003年 ソマレ首相,アベイ石油・エネルギー相(第3回太平洋・島サミット)
2005年 ソマレ首相(公賓),アベイ石油・エネルギー相,ティエンステン貿易・産業相,ソマレ国家計画・地方開発相
ブラウン公共サービス相
2006年 ナマリュー外相(外務省賓客(PIF議長代理))
ソマレ首相(PIF議長として第4回太平洋・島サミットに参加)
2007年10月 ライモ教育相(オピニオン・リーダー招待)
2007年12月 アラン環境保全相(第1回アジア・太平洋水サミット(於:大分))
2009年2月 アバル外務貿易移民相,ソマレ国営企業相
2009年5月 ソマレ首相(第5回太平洋・島サミット),カプリス商工相
2010年3月 ソマレ首相(公賓)
2010年10月及び11月 ポリエ副首相兼運輸公共相(太平洋・島サミット中間閣僚会合及びAPEC)
2011年4月 ポリエ外務貿易相(日・パプアニューギニア投資協定署名)
2011年6月 ティエンステン国家計画・地方開発相(ミレニアム開発目標(MDGs)フォローアップ会合)
2013年3月 オニール首相(実務訪問賓客)
2013年10月 パト外務移民相(太平洋・島サミット第2回中間閣僚会合)
2014年6月 オニール首相(LNGタンカー到着式典)
2015年5月 ソマレ東セピック州知事(平成27年春の叙勲親授式出席)
2015年5月 オニール首相,パト外務移民相(第7回太平洋・島サミット)
2015年10月 オニール首相(公式実務訪問賓客)
2016年5月 オニール首相(G7アウトリーチ会合)
2017年1月 パト外務移民相(太平洋・島サミット第3回中間閣僚会合)

6 二国間条約・取極

  • 1979年 青年海外協力隊派遣取極
  • 1997年 航空協定
  • 2014年 投資協定(1月17日効力発生)

7 外交使節

(1)パプアニューギニア駐箚日本国大使
中嶋 敏 特命全権大使
(2)本邦駐箚パプアニューギニア大使
サムソン・ヤボン 臨時代理大使
(3)在取手パプアニューギニア名誉領事
井原 信近
(4)在室蘭パプアニューギニア名誉領事
栗原 和徳
このページのトップへ戻る
パプアニューギニア独立国へ戻る