南アフリカ共和国

ウイニー・マンデラ氏の逝去に際する堀井学外務大臣政務官による在京南アフリカ大使館での弔問記帳とロモ駐日南アフリカ大使との懇談

平成30年4月13日

  • ウイニー・マンデラ氏の逝去1
  • ウイニー・マンデラ氏の逝去2
  1. 4月2日にウイニー・マンデラ氏が逝去したことを受け,4月12日に堀井学外務大臣政務官は弔問記帳が執り行われていた在京南アフリカ共和国大使館を訪問して,弔問記帳を行い,その後ロモ駐日南アフリカ共和国大使と懇談を行いました。
  2. 堀井学政務官からは,ロモ大使に対し,ウイニー・マンデラ氏の逝去に際して改めて哀悼の意を表しました。
  3. これに対し,ロモ大使からは,ウイニー氏は人生の全てを解放闘争に捧げた,抑圧された時代にあって,「国民の母」と呼ばれ,人々に尽くした人物である,日本政府及び国民から示された連帯に感謝すると述べました。
(参考)ウイニー・マンデラ氏は故ネルソン・マンデラ大統領の2番目の夫人(1996年に離婚)で,マンデラ氏が27年間政治犯として収監されていた間も,民衆の期待を受けとめて反アパルトヘイト運動を展開した。

関連リンク

このページのトップへ戻る
南アフリカ共和国へ戻る