クック諸島

櫻田総理特使のクック諸島訪問

平成27年8月12日

  • 式典の様子
  • プナ首相の演説
  • キー・ニュージーランド首相の演説
8月4日から5日まで,櫻田義孝衆議院議員(総理特使,日本・太平洋島嶼国友好議員連盟メンバー)は,クック諸島自治50周年記念式典に出席するためクック諸島を訪問したところ,概要以下のとおりです。

1 タランギ・ニウエ首相との会談及びニウエとの外交関係開設(4日)

(1)クック諸島自治50周年記念式典に先立ち,櫻田特使は,同式典に出席するため同地を訪れていたタランギ・ニウエ首相と会談しました。
(2)冒頭,日・ニウエ間の外交関係を開設するための書簡を交換するとともに,櫻田特使とタランギ首相は,両国関係の歴史的な飛躍の日を契機として、一層強固なパートナーシップを築いていくことで一致しました。
(3)また、タランギ首相からは,5月の第7回太平洋・島サミット(PALM7)で表明された支援策を含む日本の貢献への謝意が表されました。
(4)その他,両国間での経済協力や人的交流等について意見交換を行いました。

2 自治50周年記念式典(4日)

(1)首都アバルアの憲法記念公園にてマースターズ女王名代及びプナ首相夫妻列席の下で開催され,櫻田特使のほか,キーNZ首相,トラス豪副首相,太平洋島しょ国首脳等が参加しました。式典は,国旗掲揚,キーNZ首相及びプナ首相の演説,マースターズ女王名代によるエリザベス2世英女王のメッセージ代読等を含め,約2時間にわたり開催されました。
(2)なお,同式典に先立ち,同日午前には国立講堂にて祈とう式が行われたほか,プナ首相主催の昼食会も開催され,櫻田特使もこれらに参加しました。

3 プナ・クック諸島首相との会談(5日)

(1)櫻田特使より安倍総理からの親書を手交し,歴史的な式典への招待に謝意を示すとともに,5月の第7回太平洋・島サミット(PALM7)についてのプナ首相の肯定的評価への感謝を表明しました。
(2)プナ首相から,櫻田特使の式典参加に対する深い謝意が示されるとともに,PALM7への招待と,これまでの日本の支援への感謝が表明されました。
(3)その他,両国間での今後の協力の可能性等について,意見交換を行いました。
(4)同会談後,櫻田特使は,ブラウン・クック諸島財務相と昼食を共にしながら,両国関係や国際情勢等について意見交換を行いました。

4 我が国の経済協力案件の視察(5日)

その他,我が国がこれまでに実施した経済協力案件の現場を訪れ,現地関係者から説明を受けるとともに,先方から、日本政府及び国民に対する謝意が繰り返し表明されました。

関連リンク

このページのトップへ戻る
クック諸島へ戻る