オーストラリア連邦

河野外務大臣の豪州訪問(結果)

平成30年10月11日

1 第8回日豪外務・防衛閣僚協議(「2+2」閣僚級会合)

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像2
日本側から河野外務大臣及び岩屋防衛大臣が,オーストラリア側からマリズ・ペイン・オーストラリア連邦外務大臣(Senator The Hon Marise Payne, Minister for Foreign Affairs of the Commonwealth of Australia)及びクリストファー・パイン・オーストラリア連邦国防大臣(The Hon Christopher Pyne MP, Minister for Defense of the Commonwealth of Australia )が出席し,10日11時40分頃から約1時間の協議及び約1時間半のワーキング・ランチが行われました。
会合後に共同声明(仮訳(PDF) / 英文(PDF))が発表されました。
また,ワーキング・ランチに先立ち,スコット・モリソン・オーストラリア連邦首相(The Hon Scott Morrison MP, Prime Minister of the Commonwealth of Australia)が会場に立ち寄り,出席閣僚と短時間懇談しました。

2 クッタバル豪海軍基地訪問

  • クッタバル豪海軍基地訪問1
  • クッタバル豪海軍基地訪問2
「2+2」協議の後,河野外務大臣及び岩屋防衛大臣は,16時30分から約30分間,ペイン外務大臣及びパイン国防大臣とともに,シドニーのクッタバル(Kuttabul)豪海軍基地を訪問し,同基地内を視察しました。また,1942年の旧日本海軍の特殊潜航艇の攻撃により亡くなった19名の豪州軍人及び2名の英国軍人を慰霊するクッタバル慰霊碑と,亡くなった6名の旧日本軍軍人を慰霊する銘板がある海軍歴史遺産センター内の「松尾艇」の2カ所それぞれにおいて,献花・黙祷を行いました。

3 日豪外相会談

  • 日豪外相会談1
  • 日豪外相会談2
河野外務大臣は,17時05分から約1時間,ペイン外務大臣と日豪外相会談を行いました。

このページのトップへ戻る
オーストラリア連邦へ戻る