談話
「和紙:日本の手漉和紙技術」のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載決定(外務大臣談話)

平成26年11月27日

英語版 (English)

1 27日未明(現地時間26日),フランス・パリのユネスコ本部において開催されているユネスコ無形文化遺産保護条約第9回政府間委員会において,「和紙:日本の手漉(てすき)和紙技術」が,ユネスコ無形文化遺産に正式に登録されたことを関係者の皆様,国民とともに喜びたいと思います。
 これまで和紙の振興と継承に取り組んでこられた関係者の皆様に心より敬意を表します。

2 和紙は,世界に誇るべき「日本のわざ」の象徴です。優美な和紙は美術の分野のみならず,その耐久性,強靱性を生かし,文化財の修復や地球環境に優しい製品として利用されるなど,世界中から注目されています。

3 我々はこの和紙を次世代に継承するとともに,そのすばらしい価値を世界に向けしっかりと発信してまいります。


このページのトップへ戻る
談話へ戻る