報道発表
平成26年度外務大臣表彰

平成26年7月24日

英語版 (English)

  1. 1 8月4日,外務省は,飯倉公館において平成26年度外務大臣表彰式及びレセプションを行います。

    2 今年度表彰されるのは,個人108名,30団体(うち国内在住受賞者は個人20名,10団体。海外在住受賞者は88名,20団体。)であり,岸田文雄外務大臣から表彰状が授与されるほか,個人には副賞(正絹風呂敷)が贈られます。

    3 外務大臣表彰は,多くの方々が国際関係の様々な分野で活躍し,我が国と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で,特に顕著な功績のあった個人および団体について,その功績を称えるとともに,その活動に対する一層の理解と支持を国民各層にお願いすることを目的としています。

    4 また,この度の外務大臣表彰に際し,公邸料理人に対する外務大臣表彰をあわせ行います。優秀かつ貢献度の高い者として今回表彰される15名の公邸料理人に対しては,「優秀公邸料理長」の称号が認定されます。外務大臣表彰及び「優秀公邸料理長」の称号の認定は,優秀な公邸料理人の外交活動への貢献の意義を改めて認めるとともに,今後の優秀な公邸料理人の確保の一助とすること等を目的とするものです。
     あわせて,外務省職員に対する永年勤務者表彰(25年勤続及び35年勤続)を行います。

    (参考)公邸料理人制度と外務大臣表彰
    在外公館は現地政府等との交渉・情報収集・人脈形成等の外交活動の拠点であり,在外公館長の公邸において現地政財官界等の有力者,各国外交団等を招待して会食等の機会を設けることは,最も有効な外交手段の一つ。この際に質の高い料理を提供すべく,在外公館長は通常,専任の料理人を公邸料理人として雇用し,帯同している。
     公邸料理人外務大臣表彰は昭和60年度から行われ,今回(第30回)までに延べ319名が表彰されている。さらに,平成20年度からは,「優秀公邸料理長」の称号を認定している。


関連リンク
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る