報道発表
日米外相電話会談

平成27年5月26日

  1.  本26日午後9時45分から約35分間,岸田文雄外務大臣は,ジョン・ケリー米国務長官との間で電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1  冒頭,両者は先般の安倍総理訪米を振り返り,首脳会談議会演説を通じ,力強い日米同盟を世界に示せたとの認識を共有しました。岸田大臣からは,ケリー長官にも自宅への招待や午餐会の主催のもてなしを頂き感謝する旨述べました。また,両者は,日米「2+2」でも有意義な議論を行えたことを評価しました。

    2  ケリー長官より,先般の同長官によるロシア,中国,韓国訪問につき説明があり,両者は今後とも日米間で緊密に連携していくことで一致しました。この他,両者は,北朝鮮,気候変動についても議論しました。また,TPPに関連して,ケリー長官より,TPAに関する米国議会の審議状況につき説明がありました。

    3  両者は,ニューヨークで行われたNPT運用検討会議の結果も踏まえ,日米で連携して核軍縮・不拡散に取り組んでいくことを改めて確認しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る