報道発表
日・カタール外務省間政策対話第1回会合の開催

平成26年1月29日

  1. 1 1月28日(現地時間同日)午前10時30分から約90分,カタール外務省にて,日・カタール外務省間政策対話第1回会合が行われました。日本側から津田在カタール大使,岡中東アフリカ局審議官ほか,カタール側からアル・サダ・アジア局長代行(H.E. Mr. Yousef bin Khalifa Al-Sada, Acting Director of Asian Affairs Department),アンサリ政務担当次官室付大使(H.E. Mr. Riyad Al-Ansari, Ambassador at Office of Assistant Foreign Minister for Foreign Affairs)ほか関係者が出席しました。

    2 今回の会合で,双方は,昨年8月の安倍総理のカタール訪問の成果や昨年11月の日・カタール外相会談等の成果を踏まえて,両国外務省がフォローアップに努め,より一層の友好・協力関係の増進をはかることで一致しました。

    3 この会合で,双方は,二国間関係につき,政治・安全保障分野,経済分野,文化,教育,人的交流分野での協力の進展状況について,意見交換を行いました。また,中東地域情勢及び国際場裡での協力についても意見交換を行いました。

    4 会合終了後,日本側関係者は,ルメイヒ・カタール外務省政務担当次官と会談し,二国間関係を包括的にフォローアップするための場として外務省間政策対話の重要性を確認しました。

    (参考)
     本件政策対話は,昨年8月に安倍総理がカタールを訪問した際に署名された両国外務省間の覚書により,日・カタール二国間関係の推進と強化を目的として,両国外務省が定期的に二国間関係及び国際及び地域的な課題につき意見交換を行う場として設置され,今回初めて実施されたものです。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る