報道発表
岸田外務大臣とアティーヤ・カタール国外務大臣の会談

平成25年11月15日

  • 本欄に画像を表示
  1.  本15日午前10時10分から約30分間,岸田文雄外務大臣は,ハーリド・ビン・ムハンマド・アル・アティーヤ・カタール国外務大臣(H.E. Dr. Khalid B in Mohamed Al-Attiyah, Minister of Foreign Affairs of the State of Qatar)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田大臣より,東日本大震災の際のカタールからの温かい支援に改めて謝意を表しました。また,両大臣は,本年8月の安倍総理のカタール訪問の成果を共にフォローアップすることで一致しました。

    2 岸田大臣は,カタールによるエネルギーの安定供給,カタールにおける大規模インフラ事業への日本企業の参画,日本産食品の輸入規制撤廃等について働きかけを行いました。両大臣は,幅広い分野で両国の「包括的パートナーシップ」を拡大することで一致しました。

    3 さらに,両大臣は,イラン情勢などの中東地域情勢についても意見交換を行いました。アティーヤ大臣は,中東地域の様々な問題の議論に日本に参画してもらうことはありがたいと述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る