報道発表
我が国の北極評議会オブザーバー資格承認

平成25年5月15日

  1. 1. 本15日(現地時間同日),スウェーデンのキルナにて開催された北極評議会(AC)閣僚会合において,我が国のオブザーバー資格が承認されました。我が国は、2009年7月にACのオブザーバー資格を申請していましたが、今回これが承認されたことを歓迎します。

  2. 2. 今後,我が国は,ACのオブザーバーとして,これまでよりも安定した地位から,ACにおける諸会合に参加するとともに,ACメンバー国や北極圏に居住する先住民の方々と協力し,ACの作業部会の活動への参加等を通じて,ACの活動により本格的な形で協力していく考えです。

(参考1)北極評議会(Arctic Council:AC)
北極圏に係る共通の課題(特に持続可能な開発,環境保護等)に関し,先住民社会等の関与を得つつ,北極圏8か国(カナダ,デンマーク,フィンランド,アイスランド,ノルウェー,ロシア,スウェーデン及び米国)間の協力・調和・交流を促進することを目的として,1996年に設立されたハイレベルの政府間協議体(なお,軍事・安全保障事項を扱わないことが明確に確認されている。)。

(参考2)ACオブザーバー資格の承認
我が国は,2009年にオブザーバー資格を申請。今回の第8回AC閣僚会合において,我が国のほか,中国,インド,イタリア,韓国,シンガポールのオブザーバー資格も承認された。
(参考3)ACの各種会合(含:作業部会)
1 閣僚会合             
    隔年開催。次回(第9回)会合は2015年にカナダで開催予定。
2 副大臣会合              
    2010年5月に初会合開催,閣僚会合が行われない年に隔年開催。
3 高級北極実務者(SAO:Senior Arctic Officials)会合
    最低年2回,議長国の呼びかけにより開催。
4 分野別作業部会           
    現在,6部会が活動中(汚染対策,監視・評価,動植物保護,緊急対応,海洋環境保護,持続可能な開発)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る