報道発表

「平和と繁栄の回廊」構想第3回4者協議閣僚級会合の開催について

平成20年6月20日
  1. 高村正彦外務大臣は、7月2日(水曜日)、イスラエル、パレスチナ、ヨルダンそれぞれの代表の出席を得て、「平和と繁栄の回廊」構想第3回4者協議閣僚級会合を開催する。
  2. 同会合には、高村大臣のほか、パレスチナ側よりサラーム・ファイヤード自治政府首相、サミール・アブドッラー計画庁長官、イスラエル側よりギデオン・エズラ環境保護相、ヨルダン側よりサラーハッディーン・バシール外相等が出席する。
  3. 今回の会合は、イスラエル・パレスチナの共存共栄に向けた我が国独自のイニシアティブである「平和と繁栄の回廊」構想の推進に向け、平成19年8月の第2回閣僚級会合に引き続き開催するものである。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る