国際的ルール作りと政策協調の推進
経済協力開発機構(OECD)

平成27年6月19日

英語版 (English)

OECD

 1948年,米国による戦後の欧州復興支援策であるマーシャル・プランの受入れ体制を整備するため,欧州経済協力機構(OEEC)がパリに設立されました。その後,欧州経済の復興に伴い,欧州と北米が対等のパートナーとして自由主義経済の発展のために協力を行う機構としてOEECは発展的に解組され,1961年に経済協力開発機構(OECD:Organisation for Economic Co-operation and Development)が設立されました。

このページのトップへ戻る
国際的ルール作りと政策協調の推進へ戻る