世界の医療事情

ボリビア

平成28年10月

1 国名・都市名(国際電話番号)

 ボリビア多民族国 (国際電話番号591)

2 公館の住所・電話番号

在ボリビア日本国大使館 (毎週土日休館)
住所:Calle Rosendo Gutiérrez No.497,ESQ. Sánchez Lima, La Paz, Bolivia, P.O. Box 2725
電話:2-241-9110~9113,Fax:2-241-1919
ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く
在サンタクルス領事事務所 (毎週土日休館)
住所:Calle Saavedra No.314, ESQ.Cochabamba, Santa Cruz, Bolivia, P.O. Box 543
電話:3-335-1268, 335-1329,Fax:3-335-1022
ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/itpr_ja/140801.html別ウィンドウで開く

(注)土日以外の休館日は暦年ごとにホームページにて案内していますので,ご覧ください。

3 医務官駐在公館

 在ボリビア日本国大使館 医務官が担当

4 衛生・医療事情一般

 ボリビアはラパス,オルロ,ポトシなどのアンデス高地と,コチャバンバなどの渓谷地帯(アンデス低地),サンタクルス,ベニなどのアマゾン河流域の東部低地に分けられ,衛生事情や流行疾患も異なります。アンデス高地では標高が約3,500メートル以上のため高山病が多く,また年間を通じて平均気温が15℃(最高気温20℃,最低気温0℃)で,一日の寒暖の差が大きく非常に乾燥しているので呼吸器感染症が目立ちます。一方,東部低地では年間平均気温24℃で,下痢などの消化器疾患が多く,そのほかマラリア,デング熱,チクングニア熱,ジカウイルス感染症などの熱帯病もあります。ボリビア全土で狂犬病も要注意です。またベニ,コチャバンバ,サンタクルス各県と,ラパス県北部の亜熱帯地域では黄熱が見られ,黄熱の常在国に指定されています。流行地へ行く場合には黄熱の予防接種が必要です。

5 かかり易い病気・怪我

(ア)高山病(アンデス高地)

原因

 アンデス高地や標高2,500メートル以上の渓谷地帯(アンデス低地)では,高山病が大きな問題になります。標高の高い主な都市は,ラパス(3,650メートル), チチカカ湖(3,890メートル),ウユニ(3,660メートル) ,ポトシ(4,070メートル),オルロ(3,700メートル),スクレ(2,790メートル),コチャバンバ(2,560メートル)などです。高山病とは,低地から高地(低気圧,低酸素)に急に上がった場合に身体が順応できずに起こる一連の症状をいいます。特に,標高2,500メートル以上の高地に48時間以内に到達した場合に発症しやすくなります。ラパス国際空港(El Alto空港)の標高は4,070メートルであるため,日本から直行で来られた方は程度の差はあれ,ほぼ全員に高山病の危険があります。特に,持病(高血圧,心臓病,呼吸器病など)の有る方や,感冒などで体調不良の際は悪化しやすい傾向があります。主治医にあらかじめ相談し,予防薬内服の要否などを検討してください。

症状

 主な症状は,頭痛,息切れ,吐き気,全身倦怠感,食欲不振,不眠,下痢などです。重症化すると肺水腫,脳浮腫を来たし,咳,呼吸困難,ふらつき,意識障害,昏睡が出現し,短時間で死亡する場合もあります。高山病による症状は個人差が大きく,年齢や男女差は関係なく,重症化するかどうかの予測も不可能です。

予防

(1)ラパス国際空港(El Alto空港)など標高の高い空港ではゆっくり歩き,なるべく重い物を持たないようにしましょう。高地の空港での滞在時間は,なるべく短くしましょう。

(2)到着当日は休養を十分とりましょう。心拍数(脈)が普段より速いうちは,アルコール摂取,熱いシャワーや入浴,スポーツなどは避けましょう。これらは酸素消費量を増加させ,高山病の悪化を招きます。

(3)水分を十分すぎるほど取るようにしましょう(1日最低2リットル程度)。

(4)頭痛,吐き気,動悸などがあれば酸素を吸入し安静にしましょう。
ホテルなどに酸素ボンベが用意されているのを確認してください。流量は1分間1~3リットル,5分間程度の使用で症状は軽くなるはずです。

(5)ダイアモックスの予防内服:高地へ到着する24時間前から,ダイアモックス(Acetazolamide)2分の1錠(1錠は250ミリグラムですので,2分の1錠は125ミリグラム)を服用し,その後12時間毎に1/2錠を数日間(2-4日間)服用するという方法があります。ダイアモックスには利尿作用があり,低カリウム血症になりやすいので(指先がしびれる),水分を多く飲み,オレンジジュースやバナナを飲食するなどの注意が必要です。また,ダイアモックスは降圧作用もあり,日本では医師の処方箋が必要ですので,医療機関を受診して処方を受けてください。当地では処方箋なしで購入出来ますが,説明書をよく読んで内服してください。

治療

 高山病の2大治療は酸素投与および低地への移動です。軽症の場合は安静,酸素吸入,十分な水分補給,ダイアモックスで治療します。現地のソローチピル(Sorojchi pill)という薬はあくまで対症療法薬です。症状が軽快しない時は,すぐに医療機関を受診し,低地への移動を検討しましょう。重症の場合は低地への緊急搬送が必要になり,高額の搬送費用が必要になりますので,事前に海外旅行傷害保険へ加入しておくことを強くお勧めします。

(イ)細菌性胃腸炎

 調理不十分な卵が原因のサルモネラ腸炎のほか,一般的な細菌が原因の下痢があります。 生水は避ける,食べ物はよく火を通す,生野菜や氷・アイスクリームは屋台で食べない等の注意が必要です。

(ウ)狂犬病

 ボリビアでは各地で狂犬病が発生しています。狂犬病ウイルスを持った犬や哺乳動物に咬まれることで感染し,発症すると100%死に至ります。犬だけではなく,全哺乳類(猫,リス,うさぎ,ねずみ含)で狂犬病が発生しますので,あらゆる哺乳動物に近づかないようにしてください。万が一咬まれた場合には,まず傷口をきれいな水でよく洗い,すぐに信頼できる病院で,狂犬病発症予防のワクチン接種を受けてください。

(エ)デング熱,チクングニア熱(蚊媒介感染症)

 多くはサンタクルス県や他の東部低地で発生しています。毎年,雨季とその後(11月-5月)に蚊が発生し流行します。デング熱の症状は発熱,頭痛,眼の痛み,関節痛,筋肉痛,発疹などです。多くの例は軽症ですが,嘔吐や出血症状を来して重症化することもあります。チクングニア熱の症状はデング熱と似ていますが,関節痛については数か月間も症状が持続することがあります。両者とも予防接種や予防薬,および特効薬はなく症状に応じた治療になります。主に日中に活動する蚊によって感染するため,感染予防には日中の防蚊対策が重要です。なお,ラパスなど高地では蚊がほとんどいないため,発症報告はほとんどありません。(以下に記載のジカウイルス感染症やマラリアにおいても同様です)

(オ)ジカウイルス感染症(蚊媒介感染症)

 症状はデング熱やチクングニア熱に似ていますが,一般的にはより軽症であることが多く,また,感染しても症状がない(不顕性感染)ことも多いです。しかし,妊娠中に感染すると胎児の小頭症の原因となるため,妊婦および妊娠予定の方は(男女ともに),防蚊対策を十分に行ってください。さらに,ジカウイルス感染症は蚊による感染以外に性行為による感染も多く報告されており,汚染地域に滞在中及び滞在後少なくとも6ヵ月間,性行為の際にコンドームを使用するか,性行為を控えるようにしてください。

(カ)マラリア(蚊媒介感染症)

 多くはベニ県で発生しており,サンタクルス県,コチャバンバ県,パンド県,チュキサカ県でも報告があります。マラリアの症状は発熱,頭痛,関節痛,筋肉痛,嘔吐などです。ボリビア国内では95% 以上が三日熱マラリアで,熱帯熱マラリアは5% 以下です。熱帯熱マラリアは致死性の疾患であり,早期に治療を開始する必要があります。マラリアに感染した可能性がある場合は,早急に病院を受診し,マラリア検査(血液検査)を受けてください。マラリアには有効なワクチンはありませんが予防内服薬があり,また発症時には治療薬があります。また,主に夕方から明け方に活動する蚊によって感染するため,感染予防には防蚊対策が重要です。

(キ)熱中症

 症状はめまい,筋肉痛、頭痛,吐き気などで,意識障害やけいれんがおこり死亡することもあります。特に東部低地では気温が40℃近くに上昇することがあり,熱中症対策が必要です。暑いときは,出来るだけ涼しいところに移動し,こまめに水分と塩分を補給してください。重症時は点滴治療が必要になりますので,病院を受診ください。

6 健康上心がける事

(ア)紫外線が非常に強く,日焼けのみならず白内障や皮膚がん等の危険もあります。サングラス,日焼け止めクリームなどの紫外線対策を忘れずに行ってください。

(イ)空気が非常に乾燥していますので,脱水に注意し水分は多めにとるよう心がけてください。皮膚や目の保湿も必要です。目薬や保湿クリームの使用をお勧めします。

(ウ)細菌性食中毒や寄生虫疾患がありますので,生水,生野菜,生肉の摂食は避け,レストランなどでの氷,屋台のアイスクリームなども避けてください。

(エ)アマゾン河流域の東部低地では熱帯疾患や寄生虫疾患が発生していますので,川イルカと泳いだり,アナコンダを捕まえたりするツアーなどには十分ご注意ください。

(オ)日中のみならず夜間にも蚊に刺されないようにしてください。防蚊対策としては,なるべく白い色の長袖,長ズボンで肌を露出しないようにし,防虫剤はDEET(ディート)入りのものをこまめに使用することをお勧めします。日焼け止めとの併用時は、日焼け止めの上から散布し,服の上から刺されることもありますので服の上からも防虫剤を散布してください。ホテルでは窓やドアに隙間がないことを確認し,蚊帳を使用してください。

7 予防接種(ワクチン接種機関を含む)

 現地のワクチン接種医療機関等についてはこちら(PDF)別ウィンドウで開く

(ア)赴任者に推奨される予防接種

 A型肝炎・B型肝炎・破傷風・狂犬病・黄熱

 当地でもこれらのワクチンの接種は可能ですが,現地メーカー製ではなく,著名な外国企業製のワクチンであることをご確認ください。

(イ)現地の小児定期予防接種一覧

現地の小児定期予防接種一覧
ワクチン 1回目 2回目 3回目
BCG 出生時    
黄熱 12~23ヶ月の間    
OPV(経口ポリオ) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月,15~23ヶ月と4才時に追加
5種混合(ジフテリア,破傷風,百日咳,B型肝炎,Hib) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月
MMR(おたふく風邪,麻疹,風疹) 12~23ヶ月の間    
ロタウイルス(経口) 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月

(ウ)小児が現地校に入学・入園する際に必要な予防接種・接種証明

 上記(イ)のワクチン接種及び接種証明書が必要です。

注:ラパス市内のアメリカンスクールに入学する際は,DTP(ジフテリア,破傷風,百日咳),MMR(おたふく風邪,麻疹,風疹),B型肝炎のワクチン接種及び接種証明書が必要です。

8 病気になった場合(医療機関等)

ラパス市

(ア)Clínica del Sur(クリニカ デル スール)
所在地:Av.Hernando Siles 3539, Obrajes, La Paz
電話:(2)-278-4001 / (2)-278-4002 / (2)-278-4003
(救急外来) (2)-278-2233 / (2)-278-2922
Fax:(2)-278-4753
概要:24時間救急対応。小児救急も対応可能。検査室(CT,超音波検査を含む)あり。入院施設もあります。日本語の話せる医師(脳外科医)がいます。邦人診療実績多数。
(イ)Clínica Rengel(クリニカ レンヘル)
所在地:Calle Victor Sanjinez No.2762, Cerca de Plaza España, La Paz
電話:(2)-241-4444 / (2)-241-4423,Fax:(2)-241-3912
概要:24時間救急対応。検査室(MRI,CT,血管造影,超音波検査を含む)あり。入院施設もあります。邦人受診実績あり。
(ウ)Clínica Alemana(クリニカ アレマナ)
所在地:Av. 6 de Agosto 2821,Esq. Cordero,La Paz
電話:(2)-243-2155 / (2)-243-2521 / (2)-243-3636
概要:産婦人科診療を中心とする総合病院。24時間救急対応。小児救急も対応可能。
検査室(CT,超音波検査を含む)あり。入院施設もあります。
(エ)Clínica Odontologica Wilde(歯科医院)(クリニカ オドントロヒア ビルデ)
所在地:Calle 23,Ferza Naval No 1625,Calacoto,La Paz
電話:(2)-279-9601 / (2)-279-6429 / (2)-279-0043
概要:日本語を話す歯科医師(日本への留学歴あり)がいます。受付は英語可能。邦人診療実績多数。

サンタクルス市

(ア)Clínica Angel Foianini(クリニカ アンヘル フォイアニーニ)
所在地:Calle Chuquisaca #737, Santa Cruz
電話:(3)-337-7768 / (3)-332-8181,Fax:(3)-337-0650
概要:総合病院。24時間救急対応。小児救急も対応可能。検査室(CT,MRI,血管造影,超音波検査を含む)あり。入院施設もあります。保険会社や航空会社との連携はよく,緊急移送体制が整っています。邦人診療実績あり。医療内容はアメリカ式で診療レベルは高いです。英語可能。
(イ)Centro Medico Integral SIRANI(西澤クリニック)
所在地:Calle Rene Moreno #654, Santa Cruz
電話:(3)-337-5800 Int.110 (西澤医師) / (3)-335-6227
概要:総合病院。24時間救急対応。小児救急も対応可能。検査室(内視鏡,超音波検査含む)あり。入院施設もあります。 西澤医師は日系の消化器外科専門医で,日本語可能です。 邦人診療実績多数。

9 その他の詳細情報入手先

(1)在ボリビア日本国大使館 ホームページ:http://www.bo.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html別ウィンドウで開く

10 現地語・一口メモ

 (ローマ字読みで可)

  • 医師: doctordoctora 女性)
  • 薬: medicina
  • 注射: inyección
  • 頭痛: dolor de cabeza
  • 胸痛: dolor en el pecho
  • 腹痛: dolor de barriga
  • 下痢: diarrea
  • 発熱: fiebre
  • 吐き気: náusea
  • 咳: tos
  • 傷: herida
  • 酸素: oxígeno
  • 高山病: mal de altura, soroche
  • 具合が悪い。: Me siento mal.
  • 病院へ連れて行って欲しい。: ¿ Me puede llevar al hospital(または a la clínica)?
  • 頭が痛い。: Tengo dolor de cabeza.
  • 吐き気がする。: Siento nauseas.

注:ボリビアでは公立病院をhospital,私立病院をclínicaと呼んでいます。


Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
世界の医療事情へ戻る