報道発表

河野外務大臣とアウン・サン・スー・チー・ミャンマー国家最高顧問との電話会談

平成29年11月16日

英語版 (English)

  1.  本16日午後4時00分から約10分間,河野太郎外務大臣は,アウン・サン・スー・チー・ミャンマー連邦共和国国家最高顧問(H.E. Ms. Aung San Suu Kyi, State Counsellor, Republic of Union of Myanmar)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣から,初めてお話しできて光栄,11月14日の安倍総理大臣との会談は大変有意義であったと聞いている旨述べました。

    2 続いて,河野大臣から,来週のASEM外相会合に関連して,日本の立場を説明しつつ,同外相会合の成功を祈念する旨述べました。また,河野大臣から,日本は,ラカイン州の情勢を深刻に懸念しており,ミャンマー政府の更なる取組を強く期待している,その取組を最大限後押しする旨を述べました。

    3 これに対し,アウン・サン・スー・チー国家最高顧問から,ラカイン州の情勢については,経済,政治,社会の各側面から取り組んで行きたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る