報道発表
TOMODACHIイニシアチブ参加学生一行,ケネディ駐日大使及びヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長による岸田外務大臣表敬

平成27年3月10日

  • TOMODACHIイニシアチブ参加学生一行岸田外務大臣表敬1
  • TOMODACHIイニシアチブ参加学生一行岸田外務大臣表敬2
  • TOMODACHIイニシアチブ参加学生一行岸田外務大臣表敬3
  1.  本10日午後3時50分から約35分間,岸田文雄外務大臣は,TOMODACHIイニシアチブ参加学生一行,キャロライン・ケネディ駐日大使及びアイリーン・ヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田大臣から,一行を歓迎するとともに,明11日で,東日本大震災4周年であることにも触れつつ,トモダチ作戦を始めとする米国政府及び米国民の惜しみない支援や被災地訪問を始めとするケネディ大使の支援に改めて謝意を述べました。これに対し,ケネディ大使から,本表敬への謝意が示されるとともに,米国はこの4年間,日本と共に東北の長期的復興に向け取り組んできており,TOMODACHIイニシアチブの下,東北地方の若者を支援してきた旨述べました。また,ヒラノ・イノウエ会長から,TOMODACHIイニシアチブ参加者は困難を乗り越え,日常から離れ,見知らぬ外国に踏み出しており,お互いの国や国民に対してより親近感を持ち,リーダーシップを身につける経験をしている旨述べました。

    2 さらに,東北出身の参加学生を代表して,木下なつみさんから,東日本大震災後避難生活を送っていたが,TOMODACHIイニシアチブプログラムを通して渡米する機会に恵まれた,グローバルな場で活躍できる若者を育てる機会をこれからも与えて続けてほしい旨述べました。また,米国出身の参加学生を代表して,ジョン・W・カルソン3世さんから,決して東日本大震災を忘れることはない,「トモダチ世代」の深いつながりが恒久的な日米の遺産の基礎となる旨述べました。

    3 これらに対し,岸田大臣から,ケネディ大使と共にJFK展を訪れたことにも触れつつ,日米関係強化のための先人たちの努力を引き継ぎ,世代を超えて日米関係を強化していかなければならない,「トモダチ世代」の皆さんにも日米両国の未来を担うリーダーとなってほしい,皆さんの話を聞き日米関係の未来は明るいと感じた旨述べました。また,ケネディ大使及びヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長の日米関係強化のための努力に対する謝意を表しました。

    (参考)TOMODACHIイニシアチブ別ウィンドウで開く
     東日本大震災後の日本の復興支援から生まれ,教育,文化交流,リーダーシップといったプログラムを通して,日米の次世代のリーダーの育成を目指す官民パートナーシップ。日米の企業等の義援金を原資として,公益財団法人米日カウンシル・ジャパンと在日米国大使館が主導。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る