報道発表
マイケル・カービー北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)元委員長による岸田大臣表敬

平成26年10月20日

  • 北朝鮮における人権に関する国連調査委員会1
  • 北朝鮮における人権に関する国連調査委員会2
  1.  本20日午前9時30分から約20分間,来日中のマイケル・カービー北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)元委員長(The Honourable Michael Kirby, Former Chair of the Commission of Inquiry on human rights in the DPRK)が岸田文雄外務大臣を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田外務大臣から,カービー氏が委員長を務めていた,北朝鮮における人権に関する国連調査委員会(COI)の活動を高く評価し,COIの  報告書を歓迎する旨述べました。また,我が国として,同報告書をしっかりとフォローアップするため,国連総会においても人権理事会と同様に,強い内容の北朝鮮人権状況決議をEUと共同で提出する予定である旨述べました。

    2 カービー元委員長は,COIに対する日本政府のこれまでの協力に対する謝意を表明すると共に,拉致問題を含む北朝鮮の人権問題の解決に向け,COI報告書のフォローアップを含む決議案を日本政府がEUと共に今次国連総会にも提出することに勇気づけられたとして,日本政府の引き続きの努力に期待している旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る