報道発表
ブリンケン米国務副長官及び林韓国外交部第一次官による岸田外務大臣表敬

平成28年1月15日

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  1. 本15日,午後5時45分から約20分間,岸田文雄外務大臣は,訪日中のトニー・ブリンケン米国務副長官(Mr. Tony Blinken, Deputy Secretary of State)及び林聖男(イム・ソンナム)韓国外交部第一次官による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 岸田大臣から,核実験という北朝鮮の挑発行動は断じて容認できるものではなく,日米韓で一致団結して対処しなければならない,明日の日米韓次官協議は,北朝鮮に対し日米韓の一致団結した姿を示す好機であり,3か国の緊密な連携・協力を改めて確認したい旨述べました。

    2 これに対しブリンケン副長官及び林第一次官から,北朝鮮の行動は安全保障上の重大な脅威である,北朝鮮に対し,国際社会が団結して断固とした対応をとる必要がある,安保理での対応を含め,引き続き日米韓で緊密に連携すべく,明日の日米韓次官協議でも議論したいとの発言がありました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る