報道発表
ライアン下院歳入委員長等米国下院訪日議員団による岸田外務大臣表敬

平成27年2月19日

  • ライアン下院歳入委員長等米国下院訪日議員団による岸田外務大臣表敬1
  • ライアン下院歳入委員長等米国下院訪日議員団による岸田外務大臣表敬2
  1. 本19日午後5時25分から約30分間,岸田文雄外務大臣は,来日中のポール・ライアン下院歳入委員長(The Honourable Paul Ryan, Chairman of the House Ways and Means Committee)等米国下院訪日議員団(注)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1.冒頭,岸田大臣から,ライアン歳入委員長を始め,再会を嬉しく思う,本年は戦後70年であり,日米両国は,戦後和解し,強固な同盟国となり,共に地域と世界の平和と繁栄に貢献し,今後も貢献していく,このようなメッセージを日米で世界にしっかり発信したい旨述べました。また,日米経済関係も相当に深化し,米国進出日系企業は,現地での雇用拡大にも貢献しており,この観点から,TPP等日米間の幅広く骨太な経済関係の更なる深化は,両国にとって有益である旨述べました。

    2.これに対して議員団を代表してライアン歳入委員長から,貿易促進権限(TPA)法案を今年の春に議会で可決できるよう努力していること,日米同盟への支持を示すため今回訪日した,TPA法案の可決をもって更に日米関係を強化し,アジア太平洋地域の通商ルールを日米が共に形作っていきたい旨述べるとともに,ISILによる邦人殺害に関し哀悼の意が表明されました。これに対し,岸田大臣から,ISILに拘束されていた米国人女性の死亡に関し哀悼の意を表明するとともに,邦人殺害事件に際する米国からの協力に対して謝意を表明し,テロと闘う国際社会において責任をしっかりと果たしていく旨述べました。

    3. この他,日米関係全般について率直な意見交換が行われ,ライアン歳入委員長からは,集団的自衛権の行使に関する安倍総理大臣の政策を支持しているとの発言がありました。

    (注)米国下院訪日議員団
    ポール・ライアン下院歳入委員長(共和党,ウィスコンシン州)
    グレゴリー・ミークス下院議員(民主党,ニューヨーク州)
    デビン・ニューネス下院情報特別委員長(共和党,カリフォルニア州)
    デイブ・ライカート下院歳入法特別小委員長(共和党,ワシントン州)
    チャールズ・ブースタニー下院人的資源小委員長(共和党,ルイジアナ州)
    バーン・ブキャナン下院議員(共和党,フロリダ州)
    エイドリアン・スミス下院議員(共和党,ネブラスカ州)

関連リンク
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る