外務大臣談話

ウクライナ東部における停戦合意について(外務大臣談話)

平成27年2月13日

英語版 (English)

1 2月11日夜から12日にかけて,ベラルーシのミンスクにおいて,独・仏・露及びウクライナの首脳による会談が行われ,ウクライナ東部での停戦等につき合意がなされました。

2 我が国は,ウクライナ東部情勢の悪化を深刻に憂慮しており,独仏首脳による仲介をはじめ関係国の多大な努力により,15日からの停戦など事態の改善に向けて合意がなされたことを歓迎します。

3 この合意に基づいて,今後,重火器の撤収,ウクライナ領からの外国軍部隊や傭兵の撤退等を通じて,実際に停戦が確保され,ウクライナ東部情勢が改善されることを強く期待します。

4 また,全ての当事者が,ウクライナの主権及び領土一体性を完全に尊重する形で,問題の平和的解決に向けて,引き続き取り組んでいくよう,改めて求めます。我が国としても,引き続き事態を注視するとともに,G7の結束を重視し,情勢の改善に向けて努力していきます。


このページのトップへ戻る
外務大臣談話へ戻る