安倍総理大臣

日米首脳電話会談

平成26年3月7日

 本7日正午から約40分間,安倍晋三内閣総理大臣は,バラック・オバマ米大統領と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです(菅義偉内閣官房長官,加藤勝信内閣官房副長官,世耕弘成内閣官房副長官,谷内正太郎国家安全保障局長,齋木昭隆外務次官他同席)。

1 オバマ大統領から,ウクライナ情勢に対する米国の立場につき説明がありました。これに対し安倍総理より,ウクライナ情勢改善のためのオバマ大統領の努力を支持しており,日本としても,ウクライナ情勢の早期改善を期待する旨述べました。両者は,ウクライナの主権,領土の一体性を尊重することの重要性で一致するとともに,G7首脳声明の重要性を確認し,引き続き日米首脳間で緊密に意思疎通していくことで一致しました。また,ウクライナの経済改革,政治改革への支援を確認しました。

2 また,両者は,4月に予定されているオバマ大統領の訪日に向け,日米で緊密に連携しつつ準備を加速させていくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る