人の交流

英語版 (English)

 文化交流は、人の交流に始まり人の交流に終わる、とも言われます。外務省では、各国・地域政府関係者、有識者、文化人等との交流、留学生交流や青年交流、スポーツ交流などの分野において、以下に紹介するようなさまざまな取組を行っており、国境や文化の垣根を越えた人と人との触れ合いを促進しています。

各種招待プログラム

各種招待プログラムの画像

 国家元首や各国首脳等を対象とした国公賓等招へいに加え、外務省は、対日理解や友好関係の増進、人脈構築を目的とした閣僚級招へい、戦略的実務者招へい、外国報道関係者招へいなどのプログラムを通じ、国際世論への影響力が強い人々や、将来各界で指導的立場に就くことが有力視されている人々などを日本に招待しています。

留学生交流

留学生交流の画像

 留学生交流は、日本と諸外国との友好親善や対日理解の促進、日本の高等教育機関の国際化、地域・企業の活性化、及び開発途上国の将来を背負う人材の育成といった重要な側面をもっています。このような観点から、外務省では、様々な事業を行っています。

青年交流

青年交流の画像

 諸外国の若い世代の人々が、日本の青年と活発な意見交換を行ったり、実際に等身大の日本を体験したりすることは、世界の明日を担う青年に日本をより身近に感じてもらうために大切です。このため、外務省では、例えば、日本の地方公共団体が国際交流の実施及び語学教育向上のため外国青年を特別職の地方公務員として任用して実施するJETプログラムに協力し、在外公館によるJET参加者の募集・広報、選考などの業務及び元JET参加者の会(JETAA)支援などの帰国後の参加者のフォローアップ等、青年同士の交流を支援する取り組みを行っています。

外交官・公務員日本語研修

外交官・公務員日本語研修の画像

 国際交流基金が実施する外交官・公務員日本語研修は、外務省などの政府機関で将来政策立案に携わることが期待される若手外交官・公務員を日本に招へいし、約8か月間、日本語・日本文化等の研修を行う事業であり、日本の事情に通じ、かつ日本語のできる親日家・知日家を育成することを目的としています。過去研修者の中には在日大使となった人も存在するなど、日本の円滑な外交関係推進に寄与する重要な事業です。このような観点から、外務省は、在外公館を通じた募集、選考などの業務を実施し、本研修に協力しています。

スポーツ交流

スポーツ交流の画像

 スポーツは国境・言語・民族の違いを超えた国際交流及び相互理解の促進に重要な役割を果たします。外務省は、柔道・剣道・空手など、日本の伝統スポーツをはじめとするスポーツ分野での国際交流を通じた対日理解促進や親日家育成を図っています。また、オリンピックやサッカーワールドカップなど大規模国際スポーツ大会の日本招致活動も支援しています。

対日理解促進交流プログラム

対日理解促進交流プログラムの画像

 外務省は、日本とアジア大洋州、北米、欧州、中南米の各国・地域との間で、人材を招へい・派遣し、対日理解を促進する事業を推進しています。

このページのトップへ戻る
外交政策へ戻る