経済外交
OECD日本加盟50周年記念シンポジウム「アジアと共に-半世紀後の未来に向けて」(概要)

平成26年4月11日

  • 本欄に画像を表示
 4月9日,日経ホールにおいて,OECD日本加盟50周年記念シンポジウム「アジアとともに-半世紀後の未来に向けて」が開催されたところ,概要以下のとおり。本シンポジウムには,日本側からは安倍総理大臣,木原外務省外務大臣政務官,OECDからグリアOECD事務総長が出席し,冒頭挨拶及び基調演説を行った。

1 安倍総理大臣による冒頭挨拶

  • 安倍総理大臣による冒頭挨拶
 1964年の日本のOECD加盟以来,OECDが「世界最大のシンクタンク」として,日本の経済,社会が抱える様々な課題に対して処方箋を提供してきたとし,OECD加盟50周年の機会に,日本がOECD閣僚理事会議長国を務めることを紹介するとともに,総理自らも諸般の事情が許せば,パリに赴き,閣僚理事会議長国として基調演説を行いたい旨を表明。OECDが行っているアジア諸国との関係強化に向けた取組により,成長著しい東南アジア諸国がOECDに加盟することへの期待を述べた。

2 木原外務大臣政務官による基調演説

  • 木原外務大臣政務官による基調演説
 OECDでのアベノミクスに対する評価を紹介し,OECDと連携することによってアベノミクスの歩みをさらに進めることが大切である旨述べるとともに,本シンポジウムのテーマについての紹介を行った。また,OECDはグローバルな国際機関として存在感を発揮しており,日本としても,最初の新規加盟国として,第二の拠出国として引き続き積極的に貢献していく旨表明した。

3 グリアOECD事務総長による基調演説

  • グリアOECD事務総長による基調演説
 今次訪日に際し被災地を訪問し,OECDが現在行っている東北スクールを訪問したことを紹介。また,少子高齢化等の困難な課題に対処するべく,野心的な取組を進める日本を支援していきたい旨述べるとともに,アベノミクスの第三の矢こそが日本経済再活性化の鍵であるとして日本の今後の取組に期待を表明した。

4 パネルディスカッション

(1)第1部:50年後の世界-今取り組むべき課題は何か

 主に(ア)女性に係る新たな政策と少子高齢化対策,(イ)大学を中心とする教育と労働市場の改革,及び(ウ)財政維持のための対策につき議論が行われた。
 女性に係る新たな政策と少子高齢化対策については,女性の活用,ひいては社会の多様性を高めていくことの重要性が指摘され, 日本の労働市場の二重構造を解決すべく,育児,介護に関連する規制緩和の促進(移民政策含む),税制制度の見直し等が提唱された。
大学を中心とする教育と労働市場の改革については,研究分野で達成された成果が必ずしも商業化に結びついていないことに関し,多様性を確保できる教育への改革や国際的人材を育成する仕組み作りの大切さが指摘された。
財政維持のための対策については,日本の消費税8%という数字はOECD加盟国の中でも低く,基礎収支の改善には不十分であるとの指摘があり,引き続き歳出を削減するとともに,歳入の増加が課題とされた。同時に,経済の活力を維持するため,法人税引下げの必要性も指摘された。

(2)第2部:OECDと東南アジア-橋渡し役としての日本

 OECDが現在東南アジアで実施しているプログラムや,フィリピン,ミャンマーにおけるOECD及び日本の活動についての紹介が行われた。また,OECD非加盟国の影響力が増す中,OECDがこれまでのプレゼンスを維持しようとすれば,アジアでのプレゼンス確保が必須であることが指摘されると同時に,中所得国の罠に陥らずに成長するためには,アジア各国が構造改革を実施し労働生産性を強化する必要であり,アジア諸国にとっても,OECDの持つ知識やデータにアクセスしやすくなることの意義が大きいことが指摘された。このほか,アジアとの協力に際しては,アジアが多様性を持つ地域であるとの認識を持つことや,現場で働く企業の意見を聞くことの重要性が指摘された。

(3)第3部:しなやかで強靱(レジリエント)な経済の構築に向けて-OECDにおける日本の役割とOECDの将来-

 昨今,GDPや物価指数等の数値が取りざたされるが,経済成長はあくまで手段であり,何のための成長かということを問う必要があることが確認された。また,環境や高齢化社会に対応するためのイノベーションが十分には達成されていないことは問題であるとされ,この解決のため,女性の活用や国際社会での協力の必要性が指摘された。
 日本については,アベノミクスは成長目標を掲げているが,バランスのよい環境との調和のとれた成長を目指すべきであるとの意見や,日本はより開かれた国であるべきであり,技術,知識の共有の観点からも東京オリンピック・パラリンピックを開催することになったことはすばらしいとの意見が聞かれた。

  • パネルディスカッション
このページのトップへ戻る
経済外交へ戻る