経済協力開発機構(OECD)

OECD東南アジア地域プログラム閣僚会合:
堀井巌政務官による運営グループ会合開会セッションへの出席

平成30年3月12日

  • (写真1)OECD東南アジア地域プログラム閣僚会合
  • (写真2)堀井巌政務官による運営グループ会合開会セッションへの出席
  1. 3月9日(金曜日),東京において,OECD東南アジア地域プログラム(SEARP)閣僚会合の運営グループ会合が開催され,堀井巌外務大臣政務官が開会セッションに出席し,開会挨拶(英語(PDF)別ウィンドウで開く仮訳(PDF)別ウィンドウで開く)を行いました。
  2. 堀井巌政務官は,開会挨拶において,昨8日に開催された閣僚フォーラムの議論を総括するとともに,BEPS(税源侵食及び利益移転)プロジェクト等への東南アジアの参加を例に挙げつつ,SEARPの最初の4年間の活動と成果を紹介しました。また,SEARPへの日本の揺るぎないコミットメントを再確認し,OECDとASEANの「橋渡し役」として,新たな共同議長である韓国及びタイをサポートし,SEARPに引き続き貢献していく旨述べました。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
経済協力開発機構(OECD)へ戻る