欧州

「GUAM+日本」会合

平成30年2月5日

「GUAM+日本」会合とは

「民主主義と経済発展のための機構-GUAM」は,民主化の促進と市場経済による経済発展を共通の目標とする4か国(ジョージア,ウクライナ,アゼルバイジャン,モルドバ)によって,1997年に創設された,対話と協力のための地域フォーラムです(機構名GUAMは,加盟国名の頭文字)。
2007年6月,アゼルバイジャンの首都バクーにおける第2回GUAMサミットの際に,初めての「GUAM+日本」会合を開催しました。

参加国一覧

日本の取り組み

日本とGUAM諸国との間の対話・協力の枠組は,「自由と繁栄の弧」の形成に向けて確立されました。
具体的協力分野として,代替エネルギー技術を含むエネルギー分野,及び対GUAM観光振興,投資促進を中心とする経済関係の強化に取り組んでいます。

「GUAM+日本」会合


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
欧州へ戻る