アジア

日・ASEAN友好協力40周年

平成26年5月7日

英語版 (English)

  • 日本とASEAN(東南アジア諸国連合)との交流は1973年に設立された日・ASEAN合成ゴムフォーラムに始まり,2013年は交流開始から40周年にあたります。2012年7月の日・ASEAN外相会議において,2013年を通じて,日・ASEAN双方において記念事業を行うことが合意されました。

  • 日本とASEANはアジア地域の平和と安定,発展と繁栄のために協力関係を築いてきました。また,ビジネスパートナーとしても緊密な関係を築いてきました。2011年の日本とASEANの貿易総額は19.8兆円に上ります。また,ASEANは日本企業の主要な直接投資先となっています。

  • 2011年には日・ASEAN首脳会議において,地域の平和,安定,繁栄をさらに促進するため,新たな共同宣言(バリ宣言)および行動計画(PDF)が採択されました。このバリ宣言・行動計画に盛り込まれた方針に則って,日・ASEAN協力を更に強化していくこととなっています。

  • 2013年には,日・ASEAN双方で政治,経済・文化・青少年交流,観光など幅広い分野で交流事業を実施します。関係団体や民間の交流を奨励し,官民あわせた取組を目指します。


Get Adobe Reader(別ウィンドウで開く) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
アジアへ戻る