安倍総理大臣

安倍総理大臣とモディ・インド首相候補の電話会談

平成26年5月19日

本19日、安倍晋三総理大臣はナレンドラ・モディ・インド首相候補(Mr. Narendra Modi, Prime Ministerial Candidate)と電話会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。
 
1.安倍総理大臣から、概要以下のとおり述べました。

(1)総選挙におけるインド人民党(BJP)の歴史的な大勝利に心から祝意を申し上げる。日本とインドは、アジアの二大民主主義国として、普遍的価値と戦略的利益を共有しており、日・インド関係は「最も可能性を秘めた二国間関係」であると考える。
 
(2)モディ首相候補と緊密に協力して、日・インド戦略的グローバル・パートナーシップを一層発展させていきたい。そのためにも、日・インド年次首脳会談を継続していきたく、訪日御招待申し上げる。
 
2.モディ首相候補から、概要以下のとおり述べました。

(1)貴総理からの心のこもった祝意表明に対し、心から感謝申し上げる。日本は、これまでインドの発展に多大なる貢献を行ってきた。日本国民及び政府に対し、深甚なる感謝の気持ちを申し上げたい。
 
(2)日本とインドは伝統的に共通の文化的価値で結ばれており、最近は戦略的パートナーシップが進展している。インドは国内及び国際関係において様々な課題に直面しているが、今回の総選挙で明確な国民の負託を受けたので、課題にしっかり取り組みたい。
 
(3)安倍総理大臣にはかねてから親しくさせて頂いているが、今後、日・インド関係の更なる発展のために協力していきたい。訪日招待に感謝する。貴総理にお目にかかるのを心待ちにしている。

関連リンク

このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る