報道発表

モロッコに対する円借款「海洋・漁業調査船建造計画」に関する書簡の交換

平成29年1月17日

  1. 1 1月16日(現地時間同日),モロッコ王国の首都ラバトにおいて,黒川恒男駐モロッコ大使とモハメッド・ブーサイド経済・財政大臣(Mr. Mohamed Boussaid, Minister of Economy and Finance)との間で,「海洋・漁業調査船建造計画」に対する53億7,100万円を限度額とする円借款に関する書簡の交換が行われました。

    2 対象案件の概要
     この計画は,モロッコ王国政府が進める水産業近代化計画「アリューティス計画」に基づき,海洋・漁業調査船を新規に建造し,海洋環境要因及び水産資源要因を対象としたエコシステム・アプローチに基づく科学的な調査能力を強化するものです。これにより,同国水産資源の管理能力向上を図り,もって経済競争力の強化・持続的な経済成長に寄与することが期待されます。

    3 供与条件

    (1)金利0.1%
    (2)償還期間40年(10年の据置期間を含む。)
    (3)調達条件日本タイド(本邦技術活用条件(STEP))

    (参考)モロッコ王国基礎データ
     モロッコは北アフリカに位置し,面積約44.6万平方キロメートル(日本の約1.2倍。西サハラ除く),人口約3,438万人(2015年,世界銀行)であり,人口1人当たりの国民総所得 (GNI)は3,040ドル (2015年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る