報道発表

国際メディアセンター内における政府広報展示スペースの開設

平成28年5月22日

  1. 1 G7伊勢志摩サミットの開催に併せて,三重県伊勢市に設置される国際メディアセンター(IMC)アネックス内に日本の魅力を発信する政府広報展示スペースを5月24日(火曜日)午前8時から開設します。

    2 同スペースでは,「伝統」と「革新」,及び,国際社会が直面する様々な課題の解決に資する日本の技術をテーマに,サミットの議題と連動する展示カテゴリー毎に関連の日本の技術・製品などを紹介します。具体的には,「インフラ・交通」,「環境・エネルギー」,「医療・保健」,「復興・防災」,「宇宙・深海」,「伝統工芸」といった展示カテゴリーを設け,約80点の展示品をパネル,模型,映像,体験といった形式で展示します

    3 政府広報展示スペースとは別に開設される屋外展示スペースでは,次世代自動車,パーソナルモビリティの試乗体験や,自動ブレーキ・自動駐車システムの試乗体験を行います。

    4 IMCのメインアリーナでは,我が国のスポーツに対する取組みを紹介するため,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会やラグビーワールドカップ2019,また,日本政府が推進するスポーツを通じた国際貢献策である「スポーツ・フォー・トゥモロー」(PDF)別ウィンドウで開くに関する展示が行われます。

    5 なお,アネックス内のダイニングでは,三重県産の食材を用いた料理の提供や,各種食材の試食等が行われます。

    (参考)国際メディアセンター
     報道関係者の作業スペースを備えるサミット取材のための総合施設で,三重県営サンアリーナに設置するもの。


  • 大臣官房 伊勢志摩サミット準備事務局
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る