報道発表

G7伊勢志摩進捗報告書の公表

平成28年5月20日

英語版 (English)

  1. 1 本20日,政府は持続可能な開発目標(SDGs)推進本部第一回会合の機会に,G7が作成した「伊勢志摩進捗報告書―開発及び開発関連コミットメントに対するG7の説明責任」(”Ise-Shima Progress Report ― G7 accountability on development and development-related commitments”)を公表しました。この報告書は,G7としてこれまでのサミットのコミットメントの達成進捗を評価したものであり,持続可能な開発のための2030アジェンダの進展にG7が重要な貢献をしていることを示しています。

    2 これまでG7は,2009年のラクイラ・サミットでの合意に基づき,サミットの首脳宣言における開発及び開発関連コミットメントの進捗を評価する包括的な報告書を3年毎に報告しています。2010年のムスコカ・サミット2013年のロックアーン・サミットに続き,伊勢志摩進捗報告書は3回目の報告書であり,G7の議長国として日本がとりまとめました。

    3 この報告書では,2002年のカナナスキス・サミットから2015年のエルマウ・サミットまでになされた,(1)援助と援助効果,(2)経済開発,(3)保健,(4)水と衛生,(5)食料安全保障,(6)教育,(7)平等,(8)ガバナンス,(9)平和と安全,(10)環境とエネルギーの10分野における51のコミットメントについて,5段階評価をしています。

    4 報告書は,G7伊勢志摩サミットに提出されます。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る