報道発表
2015年版開発協力白書の公表

平成28年3月11日

  1. 1 本11日,「2015年版開発協力白書 日本の国際協力」が公表されました。

    (1)昨年2月に,「政府開発援助(ODA)大綱」から改め,新たに「開発協力大綱(PDF)別ウィンドウで開く」が,閣議決定されたことを踏まえ,「政府開発援助(ODA)白書」は今回から,「開発協力白書」と名称を変更しました。

    (2)本年の開発協力白書では,特集として,昨年国連採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(PDF)別ウィンドウで開くに向けた日本の取組を紹介するとともに,開発協力大綱がオールジャパンの協力推進を掲げていることを踏まえ日本が国民と手を携えて総力を挙げた開発協力を行っていることに焦点を当てました。

    (3)さらに,2014年度を中心に開発協力の実績とその分析,課題別・地域別の取組,援助政策の立案及び実施体制等について解説しています。

    (4)また,開発途上国に対する協力の具体的事例として,NGOや企業を含む幅広い援助の担い手の取組,現場でのエピソード等を紹介しています。

    2 開発協力白書の内容は,外務省のODAホームページおよびフェイスブックに掲載しています。また,製本版白書は,市販される予定です(4月以降)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る