報道発表
薗浦外務大臣政務官とマリソル・カサード国際オリンピック委員会委員の会談

平成27年5月14日

  1.  本14日,薗浦健太郎外務大臣政務官は,訪日中のマリソル・カサード国際オリンピック委員会(IOC)委員/国際トライアスロン連合会長(Ms. Marisol CASADO,Member of the Internatinal Olympic Committee/President of the International Triathron Union)と会談を行いました。概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,薗浦政務官から訪日を歓迎するとともに,外務省としてスポーツを通じた外交を強化しており,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けてのカサード委員の協力を要請しました。

    2 カサード委員からは,日本のスポーツを通じた国際貢献策「スポーツ・フォー・トゥモロー」の取組を評価するとともに,スポーツ界における女性の活躍,及び選手のみならず,国際競技連盟などの役員における女性の進出も重要であり,お互いに協力したい旨述べました。

    3 また,薗浦政務官は,「スポーツ・フォー・トゥモロー」の一環として,トライアスロンを含むスポーツ分野での国際貢献を継続していきたい旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る