報道発表

シリアにおける邦人殺害テロ事件を受けた日本外交(3本柱)

平成27年2月17日

英語版 (English)

  1. 本17日,岸田文雄外務大臣は,今般の邦人殺害テロ事件を受け,以下の「3本柱」として取組を進めることを発表しました。
     
    1.テロ対策の強化
    • 中東・アフリカでのテロ対処能力向上支援(計約1,550万ドル)
      国境管理,捜査・訴追能力,法整備等
    • 国際的な法的枠組みの着実な実施・強化(安保理決議第2178号等を含む)
    • マルチ・バイの枠組みを通じたテロ対策強化
    • 在外邦人の安全対策強化
    2.中東の安定と繁栄に向けた外交の強化
    • 積極的な中東外交の展開
      ハイレベル要人往来(首脳・外相レベルの対話の強化)
      多様なコミュニティー(含むビジネス界等)とのパイプ強化
      テロ関連情報を巡る協力強化
    • 安倍総理が表明した総額2億ドル程度の支援の実施及び人道支援の拡充
    • 経済成長の促進に必要な地域の経済・社会安定化支援
    3.過激主義を生み出さない社会の構築支援
    • 「中庸が最善」の実践(活力に満ち,安定した社会の実現)
      若者の失業対策,格差是正,教育支援
      ポスト紛争国における平和の定着に向けた支援
    • 人的交流の拡充(宗教指導者の招聘等を含む)
    • ASEANとの連携(穏健主義の促進等)

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る