報道発表

ロシア・サンクトペテルブルクの地下鉄における爆発に際する岸田外務大臣発シュヴァロフ・ロシア第一副首相及びラヴロフ・ロシア外務大臣宛て弔意メッセージの発出

平成29年4月4日

  1.  4月3日(現地時間同日)のロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄における爆発を受けて,本4日,岸田文雄外務大臣からイーゴリ・イヴァノヴィチ・シュヴァロフ・ロシア連邦第一副首相(H.E. Igor Ivanovich SHUVALOV, First Deputy Prime Minister of the Russian Federation)及びセルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ラヴロフ・ロシア連邦外務大臣(H.E. Mr. Sergey Viktorovich LAVROV, Minister of Foreign Affairs of the Russian Federation)宛てに,以下の内容のメッセージを発出しました。

    「4月3日のサンクトペテルブルク市内の地下鉄での爆発により,複数の犠牲者が出たとの報に接し心を痛めております。この爆発がテロであれば,このような卑劣な行為は如何なる理由でも許されず,断固として非難します。犠牲となった方々の御冥福を心からお祈り申し上げるとともに,御遺族の方々に対し謹んで哀悼の意を表します。」


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る