報道発表
タンザニアに対する無償資金協力「タボラ州水供給計画(詳細設計)」に関する書簡の交換

平成25年3月28日

    1.  本28日(現地時間同日)、タンザニア連合共和国のダルエスサラームにおいて、我が方岡田眞樹駐タンザニア大使と先方ウィリアム・アウグスタオ・ムギムワ財務大臣(Dr. William Augustao MGIMWA, Minister for Finance)との間で、7,600万円を供与限度額とする無償資金協力「タボラ州水供給計画(詳細設計)」に関する書簡の交換が行われました。
    2.  この計画は、タンザニア中西部のタボラ州において、約170か所の手押しポンプ式深井戸給水施設等の整備や、地下水探査機材の供与を行うとともに、地方自治体や住民の運営・維持管理能力等の向上を図るものです。今回の協力では,その詳細設計に必要な資金を供与します。
    3.  タンザニアは、給水率の向上のため給水施設の建設・改修等を進めていますが、この協力の対象であるタボラ州は地盤の大半が基盤岩に覆われており地下水開発が難しく、同州の給水率は約49%にとどまっています。この計画の実施により、給水率の向上、女性や子供の水汲み時間の軽減、不衛生な水の利用による水因性疾病の減少等が期待されます。
    4.  なお、この協力は2013年以降の気候変動対策に関する途上国支援の一環として実施するものです。我が国は、すべての国による公平かつ実効性のある国際枠組みの構築に向け、タンザニアと引き続き気候変動分野で連携していきます。

    (参考)
     タンザニア連合共和国は,東アフリカのインド洋に面し,面積約94.5万平方キロメートル,人口約4,622万人(2011年,世銀),人口1人当たりのGNI(国民総所得)は540米ドル(2011年,世銀)。



Get Adobe Reader(別窓が開きます) Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAdobe Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る