報道発表

来日するAPEC首脳等に対する「日本の強み」の発信

平成22年11月2日

/mofaj/press/release/logo/apec2010.jpg

  1. 11月13日(土曜日)及び14日(日曜日)に横浜で開催される日本APEC首脳会議のために来日される首脳等に対して,日本政府は,地元自治体とともに,心からの歓迎の意を表し,温かくもてなしたいと考えています。国際会議の開催とそれに伴うおもてなしは,参加要人の日本に対する理解を深めていただく絶好の機会と捉えています。
  2. APEC会議期間中は,様々な機会を捉えて,以下のとおり世界的評価を受けている各界著名人等の支援を受け,最先端技術やものづくり,伝統文化や現在の美術などの「日本の強み」をアピールします。
  3. こうしたAPECに関する政府の取り組みについては,国民の皆様にもその趣旨をご理解いただき,来日する首脳をともに歓迎していただくとともに,APECに対する関心や理解を深めていただく機会にしていただければと思います。

<「日本の強み」発信の具体例>
資料別添 会場装飾・文化行事・首脳配偶者用衣装(PDF)全体図(PDF)JAPAN EXPERIENCEの参考MAP(PDF)

  • 会場装飾:千住博氏の現代日本画による会場構成,宇宙から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルの展示。
  • 文化行事:中村勘三郎,勘太郎,七之助,片岡亀蔵,坂東彌十郎らによる「連獅子」の披露。
  • 首脳配偶者用衣装:新開発のエコ素材「バイオフロント」と「丹後ちりめん」の伝統技術を融合させた生地を使用,コシノヒロコ氏デザインの「ガウンドレス」。
  • 展示事業
このページのトップへ戻る
目次へ戻る