G7/G8

自動走行車・燃料電池自動車プレゼンテーション

平成28年5月26日

英語版 (English)

  • (写真1)自動走行車・燃料電池自動車プレゼンテーション
  • (写真2)自動走行車・燃料電池自動車プレゼンテーション
  • (写真3)自動走行車・燃料電池自動車プレゼンテーション

 5月26日,安倍総理大臣は,G7伊勢志摩サミットのサイドイベントとして,サミット会場の志摩観光ホテル敷地内において,自動走行車・燃料電池自動車のプレゼンテーションを行い,続いてこれら自動車の試乗が行われました。試乗には,トヨタ,日産,ホンダの自動車が使用されました。

 同イベントでは,安倍総理より参加した首脳に対し,自動走行車の実用化により,交通事故の削減や高齢者等にとって安心・安全な移動手段を確保することや,2020年の東京五輪開催に向け,世界で最も安全な道路交通社会の実現を目指す旨を述べました。また,地球温暖化対策の取組の一つとして,水素エネルギーを用いた燃料電池自動車の普及により,世界をリードして,環境・エネルギー問題の解決に取り組む旨述べました。


このページのトップへ戻る
G7/G8へ戻る